小説のあらすじの書き方|本編を読みたくなる面白いあらすじの型

 

どうも、ノマドクリエイターのショウヘイ(@shohei_creator)です。

 

今回の記事では、読み手が本編に興味を持つ『あらすじの書き方』について説明します。

 

 

物語のあらすじとは

 

あらすじは、漢字で書くと『粗筋』または『荒筋』となります。

早い話が、あらすじは『物語の内容を大雑把に要約したもの』ということですね。

 

小説や漫画、映画を問わず、物語の作品は長編です。どんな内容か知るために、逐一すべての内容に目を通さなければいけないとしたら、時間がかかって大変です。

そこで、物語の内容を数百字で要約した筋書き(あらすじ)があると便利というわけですね。

 

 

 

小説のあらすじの種類

 

あらすじには、2種類あります。

 

1つ目は、商業作品や投稿サイトの作品概要に見られる『その物語の魅力を伝えるキャッチコピー』という役割の あらすじです。

その物語の売り(魅力)を強調して、見た人に「物語の本編も見たい」と思わせることが目的です。

大抵の場合は、物語の売りと冒頭のみを書き、結末(オチ)は書きません。結末が分かってしまったら、本編を読む楽しみが失われるからです。

 

 

2つ目は、新人賞の応募作品に付ける あらすじです。

この場合は、物語の冒頭から結末まで、きっちり書きます。選考に役立てることが目的なので、出し惜しみません。

多くの場合、文字数の制限は800文字までです。

 

 

 

小説のあらすじの書き方

 

この記事では、1つ目の『商業作品や投稿サイトの作品概要』のあらすじの書き方を説明します。

 

 

あらすじの書き方ですが「こうすべき!」という厳密な決まりはありません。

どうしても書きたい内容が決まっているなら、それをあらすじに書いてください。

 

しかし、この記事を読んでいるということは、読者が本編に興味を持ってくれるような『効果的なあらすじの型』を知りたいでしょう。

そこで、セールスレターの書き方を応用して、魅力的なあらすじを書ける型を紹介します。

 

なお、あらすじの文字数は、200~400文字を想定します。

長ったらしい紹介をせず、かつ物語の売り(魅力)を伝えるなら、200~400文字が適正範囲と考えたからです。

 

 

小説のあらすじの型

 

あらすじの型は、以下の3段階で構成されます。

あらすじの型|3段階
  1. 読み手の興味を引く場面(描写)を入れる
  2. 主人公が危険に陥る場面を入れる
  3. 物語の舞台や世界観の説明を入れて、あらすじを結ぶ

 

 

 

読み手の興味を引く場面(描写)を入れる

 

読み手が あらすじを眺めている段階は、本編に興味を持っていません。

 

あらすじの段階で、読み手に「この作品、つまらなそうだな」と思われたら、すぐにブラウザバックします。

あらすじの始めで面白味のない説明を入れたり、本編の専門用語を説明したりすることは、厳禁です。

 

そこで、あらすじの始めでは、読み手の興味を引けそうな『衝撃的な展開』から書くことをオススメします。

 

読み手の興味を引ける場面の要素は、次の通りです。

これらの要素と合致する場面を本編から探して、あらすじの始めに書きましょう。

読み手の興味を引ける要素
  • 反社会的(犯罪や暴力、恐怖に関わる表現)
  • 性的(異性交遊やハーレムに関わる表現)
  • 新奇性(目新しくて、常識に反している表現)
  • 快適性(癒しに関わる表現)
  • 社会承認(富、名声、権力に関わる表現)
  • 自己優越(万能、才能に関わる表現)

 

 

 

主人公が危険に陥る場面を入れる

 

第2段階では、主人公が敵役に襲われるなど、命の危険が迫っている場面を入れます。

 

読み手は「主人公、このピンチをどうやって突破するんだ?」と思って、その後の展開に興味を持ちます。

 

 

 

物語の舞台や世界観の説明を入れて、あらすじを結ぶ

 

第3段階で、物語の舞台と世界観の説明を入れます。

 

第1段階、第2段階のあらすじを読んだ人は、物語本編に興味は持てましたが、どんな雰囲気の物語なのか分かりません。それなので、第3段階で舞台や世界観の説明を入れて、どんな雰囲気の物語なのか伝えます。

最後は、結びにふさわしい言い回しを適当に入れて、あらすじを完成させます。

 

 

 

小説のあらすじの具体例

 

参考までに、小説家になろう・カクヨムのPV数を増やす方法について説明した記事に書いた、あらすじの具体例を引用します。

先ほどの説明の通り、最初に読み手の興味を引く場面を入れ、その次に主人公が危険に陥る場面を入れ、最後に舞台や世界観についての説明を入れています。

あらすじ全文は、約400文字です。

 

あらすじの具体例

(第1段階)

いきなり、エルフの幼い少女にキスされた。きらめく魔法陣。手のひらに浮かぶ奇怪な紋様。少女は唇を離し、頬を染めながら宣言する――さあ、従属の証に、わらわを護衛せよ――と。


(第2段階)

間髪を置かず、茂みから次々に飛びだす魔獣の群れ。今にも飛び掛からんとする魔獣を前にして、召喚された創一は、夢を見ている気分だった。なぜなら――『自分の書いた小説と全く同じ展開』だったのだから。


(第3段階)

自らが生み出した世界に投げ込まれ、作者の創一は何を思い、何を感じるか。バッドエンドに書き換えられた物語を”上書き”すべく、命懸けの異世界冒険が幕を開ける!


たくさんの収入と自由時間を手にして、好き放題に創作活動を楽しむ、たった1つの方法


メルマガヘッダー

 

「将来は作家になりたいけど……収入面が不安」

「作家になっても、スランプになって稼げなくなったら、どうしよう・・・・・・」

 

こんな不安、あなたも持っていませんか?

 

私もその1人でした。

作家の収入の不安定さが気になり、まっすぐ作家を目指すことを危険に思っていました。

 

そこで、私は回り道して『創作活動する自由時間を確保しつつ、安定した経済基盤作ること』を優先しました。

 

その結果、パソコンを使って稼ぐ仕組みを作り上げて、収入と自由時間を両立する生き方を見つけました。

 

 


パソコン1台で、いつでも・どこでも稼ぐ能力を身につけて、

『一定以上の収入』と『たっぷりの自由時間』を確保して、

日本各地を旅して人生経験を増やし、作家としての引き出しを増やしながら、

創作資料に囲まれて、朝から晩まで創作活動に熱中できる。


 

 

そんな生活の実現方法を『無料メール講座』で伝えています♪

※ 期間限定、5万円相当のプレゼント付き

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です