小説・ラノベのあらすじの書き方|面白い具体例のまとめも掲載

 

どうも、ノマドクリエイターのショウヘイ(@shohei_creator)です。

 

小説・ラノベのあらすじの書き方って悩みますよね。

『こうすればいい!』という正しい書き方は無いですし、つまらないことを書いていたら「なんだかおもしろく無さそうな」と読者に思われかねません。

 

そこで、今回の記事では、読み手が本編に興味を持ちたくなる『あらすじの書き方』について説明していきます。

 

 

あらすじ(粗筋・荒筋)とは

 

あらすじは、漢字で書くと『粗筋』または『荒筋』となります。

早い話が、あらすじは『物語の内容を大雑把に要約したもの』ということですね。

 

小説や漫画、映画を問わず、多くの物語作品は長編です。どんな内容か知るために、逐一すべての内容に目を通さなければいけないとしたら、読者は大変です。

そこで、物語の内容を数百字で要約した筋書き(あらすじ)があると便利というわけですね。

 

 

 

小説・ラノベのあらすじの種類

 

あらすじには、2種類あります。

 

1つ目は、商業作品や投稿サイトの作品概要に見られる『その物語の魅力を伝えるキャッチコピー』という役割の あらすじです。

物語の売り(魅力)を強調して、見た人に「物語の本編も見てみたい!」と思わせることが目的です。

通常は、物語の売りと冒頭のみを書き、結末(オチ)は書きません。結末が分かってしまったら、本編を読む楽しみが失われるからです。

 

 

2つ目は、新人賞の応募作品に付ける あらすじです。

この場合は、物語の冒頭から結末まで、きっちりと概要を書きます。選考に役立てることが目的なので、出し惜しみません。

多くの新人賞では、800文字以内に収まるように、あらすじを仕上げることが求められます。

 

 

 

小説・ラノベのあらすじの書き方

 

この記事では、1つ目の『商業作品や投稿サイトの作品概要』のあらすじの書き方を説明します。

 

 

あらすじの書き方ですが「こうすべき!」という厳密な決まりはありません。

どうしても書きたい内容が決まっているなら、それをあらすじに書いてください。

 

しかし、この記事を読んでいるということは、読者が本編に興味を持ってくれるような『効果的なあらすじの型』を知りたいでしょう。

そこで、セールスレターの書き方を応用した、魅力的なあらすじを書ける型を紹介します。

 

 

 

あらすじの適切な文字数は?

 

オススメする あらすじの文字数は、350~600文字です。1分前後で読み終える文字数ですね。

 

次のグラフは、小説家になろうに投稿されている『あらすじ文字数と総合ポイント数』の関係を表す統計データです。

噛み砕いて説明するなら『どれくらいの文字数のあらすじを書けば、最も読者から高評価されるか』ということですね。

統計データによると、あらすじの文字数が350~600文字の範囲の時に、最もポイントを獲得しやすい(読者から高評価されやすい)という結果が出ています。

 

 

ここで注意すべきは、あらすじの文字数が600文字を超えると、読者から高評価されにくくなっていくという点です。

 

あらすじでは、物語の展開や世界観を詳しくに書く必要はありません。

新規読者は、あなたの小説に、たいして興味ありません。長々と説明文章を書いたところで、一から丁寧に読もうとしません。適当に読み飛ばします。

あらすじで小難しい世界観の説明が書かれていようものなら、読者は「読むの怠いなぁ・・・・・・」と思って、本編を読む気を失います。小説投稿サイトなら、即座にブラウザバックです。

 

読者にとって長ったらしくならず、かつ物語の売り(魅力)を効果的に伝えるなら、350~600文字が適正範囲というわけですね。

 

 

 

小説・ラノベのあらすじの型

 

あらすじの型は、以下の3段階で構成されます。

あらすじの型|3段階
  1. 読み手の興味を引く場面(描写)を入れる
  2. 主人公が危険に陥る場面を入れる
  3. 物語の舞台や世界観の説明を入れて、あらすじを結ぶ

 

 

 

あらすじ第1段階:読み手の興味を引く場面(描写)を入れる

 

新規読者が あらすじを読んでいる時、本編に興味を持っていません。『時間を使って本編を試し読みする価値があるかどうか』を判断するために、あらすじを流し読みします。

 

あらすじの段階で、読み手が「この作品、つまらなそうだな」と判断したら、もう本編は読まれません。

あらすじの最初に『平凡な日常風景』や『主人公の設定』や『小難しい世界観の解説』を書くことは厳禁です。

 

そこで、あらすじの最初は、読み手の興味を引けそうな『衝撃的な展開』から書くことをオススメします。

 

読み手の興味を引ける情報の要素は、次の通りです。

これらの要素と合致する場面を本編から探して、あらすじの最初に書きましょう。

読み手の興味を引ける要素
  • 反社会的(犯罪や暴力、恐怖に関わる表現)
  • 性的(異性交遊やハーレムに関わる表現)
  • 新奇性(目新しくて、常識に反している表現)
  • 快適性(癒しに関わる表現)
  • 社会承認(富、名声、権力に関わる表現)
  • 自己優越(万能、才能に関わる表現)

 

 

 

あらすじ第2段階:主人公が危険に陥る場面を入れる

 

第2段階では、主人公が敵役に襲われるなど、命の危険が迫っている場面を入れます。

 

読み手は「主人公、このピンチをどうやって突破するんだ?」と思って、その後の展開に興味を持ちます。

 

 

 

あらすじ第3段階:物語の舞台や世界観の説明を入れて、あらすじを結ぶ

 

第3段階で、物語の舞台と世界観の説明を入れます。

 

第1段階、第2段階のあらすじを読んだ人は、物語本編に興味を持てました。でも、どんな雰囲気の物語なのか、まだ分かりません。

そこで、第3段階で舞台や世界観の説明を入れて、どんな雰囲気の物語なのか伝えます。具体的には、舞台や世界観を象徴するキーワードを盛り込みます。

 

第1~3段階が書けたら、結びにふさわしい文を置いて、あらすじを完成させます。

結びの文は、適当で構いません。自然に読める内容になっていれば、それで大丈夫です。

 

 

 

小説・ラノベのあらすじ具体例

 

参考までに、小説家になろう・カクヨムのPV数を増やす方法について説明した記事に書いた、あらすじの具体例を引用します。

先ほど説明した通り、最初に読み手の興味を引く場面を入れ、その次に主人公が危険に陥る場面を入れ、最後に舞台や世界観についての説明を入れています。

あらすじ全文は、約400文字です。

 

あらすじの具体例

(第1段階)

いきなり、エルフの幼い少女にキスされた。きらめく魔法陣。手のひらに浮かぶ奇怪な紋様。少女は唇を離し、頬を染めながら宣言する――さあ、従属の証に、わらわを護衛せよ――と。


(第2段階)

間髪を置かず、茂みから次々に飛びだす魔獣の群れ。今にも飛び掛からんとする魔獣を前にして、召喚された創一は、夢を見ている気分だった。なぜなら――『自分の書いた小説と全く同じ展開』だったのだから。


(第3段階)

自らが生み出した世界に投げ込まれ、作者の創一は何を思い、何を感じるか。バッドエンドに書き換えられた物語を”上書き”すべく、命懸けの異世界冒険が幕を開ける!

 

 

 

小説・ラノベの面白いあらすじを効率よく学ぶ方法

 

面白いあらすじを書けるようになるには、多くの優れたあらすじを目にして『こんな感じだな』という感覚をつかむことです。

 

そこで、小説家なろう日間ランキングページを開いて、上位作品の概要情報のあらすじを眺める方法をオススメします。

小説家になろう日間ランキングページ(総合ジャンル)

 

小説家なろう日間ランキング掲載されるためには、新規読者が面白がるような小説タイトル・あらすじ・冒頭(書き出し)を書く必要があります。

日間ランキング掲載作品のあらすじを見れば、面白いあらすじの具体例を無料かつ効率よく学べます。

補足

日間ランキングは、小説タイトル・あらすじ・冒頭(書き出し)が面白いというだけで、掲載されることがあります。

週間ランキング、月間ランキングとなると、本編が面白くなければ、圏外に落ちていきます。小説タイトル・あらすじ・冒頭(書き出し)が面白いだけでは、生き残れません

面白いあらすじの具体例を学ぶだけなら、日間ランキングの掲載作品を見るだけで充分です。

 

 

具体例として、記事執筆時点の日間ランキングの掲載作品の中から、面白そうな あらすじを抜粋しました。

最初から『登場人物や世界観の淡々とした説明』や『主人公の平凡な日常場面』を書いている作品は、たとえランキング上位に掲載されていても、具体例として抜粋していません。

 

 

こちらは、アニメ化したことで一躍有名となった【転生したらスライムだった件】のあらすじです。

主人公が通り魔に襲われ、いきなり死ぬという書き出し。意識が戻ったら、体がスライムになっているという意外な展開。魔物が生息する異世界という世界観が分かる『スライムj』『魔王』『異世界』というキーワードが並んでいます。結びの『天然主人公の異世界スライムライフ』という言い回しには、のほほんとした雰囲気があるので、快適なカタルシスを味わえそうです。

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!などと言いながらも、日々を楽しくスライムライフ。 出来る事も増えて、下僕も増えて。ゆくゆくは魔王でも目指しちゃおうかな? そんな、どこかずれた天然主人公の異世界スライムライフです。

引用元:小説家になろう|転生したらスライムだった件

 

 

こちらは【最強勇者、魔獣に懐かれパーティーを追放される 〜美少女化した魔獣が毎日これでもかと甘えてくる〜】のあらすじです。

書き出しは『所属するパーティからの追放』という、今では陳腐になってきているネタです。しかし、魔物が寄ってくるという、一風変わった理由です。

『魔獣の秘密を知る』という記述は、新規読者に「この勇者は、どんな秘密を知ったんだろう?」という好奇心を抱かせます。

次の一文では、勇者が魔獣を守るための保健所を設立しています。本来、勇者は魔獣を倒す存在です。その勇者が保健所を設立したのですから、大きな意外性があります。

あらすじ後半では、美少女化した魔獣たちとの性的な触れ合いと同居ハーレム展開が書かれています。男性の新規読者を引き寄せる文章として、とても効果的ですね。

「お前といると魔獣が寄ってくんだよ!」と、パーティを追放された勇者は、偶然にも魔獣の秘密を知る。魔獣を守るべく魔獣の保健所を設立した勇者だったが……収容していた魔獣が次々と美少女化!? 舐めたり甘噛みしてくる魔獣(美少女)たち、勇者を溺愛しているお姫様、迷子のサキュバスとの騒がしい同居生活が始まる。 お色気、日常、バトル、シリアスを混ぜたストーリーにできたらなと思ってます。

引用元:小説家になろう|最強勇者、魔獣に懐かれパーティーを追放される 〜美少女化した魔獣が毎日これでもかと甘えてくる〜

 

 

こちらは【その劣等騎士、レベル999】のあらすじです。

昔話の桃太郎を下敷きにした語り口調ですが、お爺さんは地獄の軍勢狩り、お婆さんは魔界の大公狩りというように、強烈な意外性を放っています。日本昔話風の語り口で、西洋ファンタジー要素が登場するミスマッチも面白いですね。

あらすじ後半を読むと『最強系主人公の無双劇』という物語展開であることが分かります。需要のある鉄板ネタですが、ただ強いだけの最強系主人公は、もはや陳腐化しています。際立った面白味を感じません

しかし、あらすじ前半のつかみが強力なので、試しに本編を読んでみたい気になりました。主人公の能力や攻撃方法に、桃太郎を西洋風にしたような変わった特徴があれば、さらに興味を引けることでしょう(もしかしたら、本編には登場しているかも?)。

昔々、あるところにお爺さんとお婆さんがいました。 お爺さんは山に地獄の軍勢狩りに、お婆さんは川に魔界の大公狩りに出かけました。 そうして、お爺さんとお婆さん……大賢者と武神は魔界の大公である魔神ベルゼブブとの戦いで勝利をおさめて世界を救うことになりました。 と、その時、女神が現れてこう言いました。 「世界を救ったお礼に、今まで子ができなかった貴方達夫婦に子供を授けましょう」 異世界から転生してきた赤ちゃんはすくすくと成長し、武神と大賢者にシゴかれながら山奥で暮らしました。けれど少年は外界と接触したことがありません。「僕は強くなって騎士様になりたい」と、なかば家出同然で少年は家を飛び出しましたが、武神と大賢者は絶句しました。少年の教育の為、上には上がいるということを伝える為に 「お前は弱い」 と常日頃から教え続けてきたのです。 これは古代龍を大トカゲと思い込んで狩猟し日常食とするような、最弱にして最強の少年の物語です。

引用元:小説家になろう|その劣等騎士、レベル999

 

 

 

あらすじだけでなく、タイトル・冒頭(書き出し)も面白さを重視しよう

 

新規読者の興味を引くためには、面白いあらすじを書くことが重要です。

 

けれど、最も重要なのは、小説タイトルの面白さです。

小説タイトルは、作品の入り口です。入り口の段階で興味を引けなければ、数百文字も書かれている長ったらしい作品説明文(あらすじ)なんて、誰も読もうとしません。

 

新規読者の興味を引ける面白い小説タイトルのつけ方・決め方は、こちらの記事で解説しています。

小説タイトルの付け方・決め方|読者を集める裏技7属性&小技4選

2018.10.10

 

 

小説タイトル・あらすじより劣りますが、本編の第1話またはプロローグの冒頭(書き出し)も重要です。

せっかく小説タイトル・あらすじで新規読者の興味を引けても、第1話またはプロローグ冒頭(書き出し)が面白くなければ、読者から「なんだ、本編は面白く無さそうだな」と判断されてしまいます。

 

新規読者の興味を引ける冒頭(書き出し)の書き方は、こちらの記事で解説しています。

小説・ラノベの面白い書き出しのコツ|冒頭の書き方の具体例を紹介!

2018.09.12

 


たくさんの収入と自由時間を手にして、
好き放題に創作活動を楽しむ、
たった1つの方法


メルマガヘッダー

 

「将来は作家になりたいけど……収入面が不安」

「作家になっても、スランプになって稼げなくなったら、どうしよう・・・・・・」

 

こんな不安、あなたも持っていませんか?

 

私もその1人でした。

作家の収入の不安定さが気になり、まっすぐ作家を目指すことを危険に思っていました。

 

そこで、私は回り道して『創作活動する自由時間を確保しつつ、安定した経済基盤を作ること』を優先しました。

 

その結果、パソコンを使って稼ぐ仕組みを作り上げて、収入と自由時間を両立する生き方を見つけました。

 

 


パソコン1台で、いつでも・どこでも稼ぐ能力を身につけて、

『一定以上の収入』と『たっぷりの自由時間』を確保して、

日本各地を旅して人生経験を増やし、作家としての引き出しを増やしながら、

創作資料に囲まれて、朝から晩まで創作活動に熱中できる。


 

 

そんな生活の実現方法を『無料メール講座』で伝えています♪

※ 期間限定、5万円相当のプレゼント付き

 

 

 

【小説執筆のオススメの記事】

小説・ラノベの書き方講座|文章作法から物語完結まで、一から丁寧に

2018.10.03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です