小説家や漫画家のような創作家が交流するための専門コミュニティサイト【QREAXIA-クレアクシア-】

小説・ラノベのあらすじの書き方|面白い具体例のまとめも掲載

 

どうも、ノマドクリエイターのショウヘイ(@shohei_creator)です。

 

小説・ラノベのあらすじの書き方って悩みますよね。

『こうすればいい!』という正しい書き方は無いですし、つまらないことを書いていたら「なんだかおもしろく無さそうだな」と読者に思われかねません。

 

そこで、読み手が本編に興味を持ちたくなる『面白い あらすじの書き方』について説明していきます。

 

 

あらすじ(粗筋・荒筋)とは

 

あらすじは、漢字で書くと『粗筋』または『荒筋』となります。

早い話が、あらすじは『物語の内容を大雑把に要約したもの』ということですね。

 

小説や漫画、映画を問わず、多くの物語作品は長編です。どんな内容か知るために、逐一すべての内容に目を通さなければいけないとしたら、読者は大変です。

そこで、物語の内容を数百字で要約した筋書き(あらすじ)があると便利というわけですね。

 

 

 

あらすじと要約とプロットの違い

 

あらすじ・要約・プロットは、どれも『物語の筋書きを簡潔にまとめた文章』という意味で、似たもの同士です。そのせいか、混同されて使われている節があります。

あらすじについての理解を深めるために、いったん あらすじ・要約・プロットの違いについて、しっかり把握しておきましょう。

 

『筋書きの文章量』を多い順に並べると、次のような位置関係になります。

プロットが最も詳しい筋書きであり、要約が最も簡潔な筋書きということですね。

筋書きの文章量

プロット >>> あらすじ >>> 要約

 

 

小説・ラノベのあらすじの種類

 

あらすじには、2種類あります。

 

1つ目は、新人賞の応募作品に付ける あらすじです。

この場合は、物語の冒頭から結末まで、きっちりと概要を書きます。選考に役立てることが目的なので、出し惜しみません。

多くの新人賞では、800文字以内に収まるように、あらすじを仕上げることが求められます。

 

 

2つ目は、商業作品や投稿サイトの作品概要に見られる『その物語の魅力を伝えるキャッチコピー』という役割の あらすじです。

物語の売り(魅力)を強調して、見た人に「物語の本編も見てみたい!」と思わせることが目的です。

通常は、物語の売りと冒頭のみを書き、結末(オチ)は書きません。結末が分かってしまったら、本編を読む楽しみが失われるからです。

 

 

 

小説・ラノベのあらすじの書き方|新人賞の応募作品向け

 

先ほども説明したように、新人賞に応募する作品のあらすじは、最初から最後まで、きっちりと概要を書きます。もちろん、規定の文字数に収めることが前提ですよ。

たとえネタバレになろうと、出し惜しみせずに書いてください。

 

 

新人賞の応募作品にあらすじを付ける理由とは

 

実際に あらすじを書く時は、プロット構成を無視して、過去から未来へ向かう時系列順に書くことをオススメします。

 

そもそも、新人賞の応募作品にあらすじを付ける理由は、選考者(下読みや選考委員)が物語の内容を理解しやすくするためです。

 

あらすじを読めば、物語の内容を予習できます。実際に本編を読む時に、どんな内容なのか理解しやすくなりますよね。

また、本編を読み終わった後、どんな筋書きだったのか思い返す時にも、あらすじが役立ちます。いちいち本編を読み返さずとも、あらすじを流し読みすれば、筋書きを思い出せます。

 

応募作品に付ける あらすじは、選考者が筋書きを予習&思い出す時に使うものです。だから、あらすじを時系列順に書いた方が、選考者にとって使いやすいわけです。

 

 

応募作品の800文字程度のあらすじを書く手順&具体例

 

あらすじの内容を書く時は、まずは重要な場面を箇条書きにして、時系列順に並べることをオススメします。

 

応募作品のあらすじは、多くの新人賞の規定では、800字以内に収めることが求められます。どうでもいい場面など、あらすじに書き収める余裕はありません。

そこで、まずは重要な場面のみを抽出して書き並べます。その後に、箇条書きの場面を つなげて読めるように、間の場面情報を補完しましょう。

 

 

応募作品のあらすじの具体例として、【ハリー・ポッターと賢者の石】の筋書きを800字以内にまとめてみます。

ハリー・ポッターのような有名作品なら、誰でも話の筋書きを知っているでしょう。事前に作品内容を説明する手間が省けるので、具体例に抜擢しました。

 

800字以内に収めるために、かなり間の場面を省きました。これくらい場面を省かなければ、800字以内に収まらないという具体例と思ってください。

【ハリー・ポッターと賢者の石】の自作あらすじ

主人公ハリーは、孤児だ。実の両親は、ハリーが赤ん坊の頃、ヴォルデモートに殺害された。母親は、死ぬ間際に、ハリーに守護の魔法を掛ける。ヴォルデモートはハリーも殺そうするが、守護の魔法の反撃にあって、肉体が滅ぶ。

ハリーは、親戚の一家に引き取られ、肩身の狭い生活を強いられる。11歳の誕生日が近づくと、手紙が届く。ホグワーツ魔法魔術学校の入学許可証だ。

ホグワーツ関係者のハグリッドの案内により、ハリーは学校へ向かう。途中、入学予定のロンとハーマイオニーと仲良くなる。

平穏な学校生活が続く。ある日、ハリーは立ち入り禁止の部屋に入ってしまう。そこにはケロべロスがいたので、ハリーは逃げ出す。ケロべロスの足元には、隠し扉が見えた。ハリーはこのことをハグリッドに尋ねて、ニコラス(賢者の石の作成者)の名を聞く。

別の日、校舎にトロールが侵入する。騒動が収まった後、魔法薬学教師のスネイプが足を怪我していることにハリーは気付く。ハリーは『番犬は賢者の石を守っていて、混乱に乗じて賢者の石を盗もうとしたスネイプは、番犬に噛まれたのではないか』と考えて、賢者の石を守ることを決意する。

後日、ロンとハーマイオニーと共に、ハリーは番犬の元へ向かう。番犬は、侵入者によって、すでに眠らされていた。ハリー達が隠し扉を潜ると、その先には、侵入者を撃退する罠が用意されていた。

ロンとハーマイオニーのおかげで、ハリーは自分だけ最奥の部屋に到着する。そこには、魔法教師のクィレルがいた。クィレルは、ヴォルデモート復活のために、賢者の石を狙っていた。

ハリーは、クィレルと対決する。クィレルがハリーに掴みかかり、肌に触れる。途端、クィレルの体がボロボロに崩れた。クィレルはヴォルデモートを憑依させていたので、守護の魔法が発動したのだ。

ハリーは賢者の石を持ち返り、校長に事の顛末を話して、賢者の石を返した。

(全781文字)

 

 

 

小説・ラノベのあらすじの書き方|小説投稿サイト向け

 

あらすじの書き方ですが「こうすべき!」という厳密な決まりはありません。

どうしても書きたい内容が決まっているなら、それをあらすじに書いてください。

 

しかし、この記事を読んでいるということは、読者が本編に興味を持ってくれるような『効果的なあらすじの型』を知りたいでしょう。

そこで、セールスレターの書き方を応用した、魅力的なあらすじを書ける型を紹介します。

 

 

 

あらすじの適切な文字数は?

 

オススメする あらすじの文字数は、350~600文字です。1分前後で読み終える文字数ですね。

 

次のグラフは、小説家になろうに投稿されている『あらすじ文字数と総合ポイント数』の関係を表す統計データです。

噛み砕いて説明するなら『どれくらいの文字数のあらすじを書けば、最も読者から高評価されるか』ということですね。

統計データによると、あらすじの文字数が350~600文字の範囲の時に、最もポイントを獲得しやすい(読者から高評価されやすい)という結果が出ています。

 

 

ここで注意すべきは、あらすじの文字数が600文字を超えると、読者から高評価されにくくなるという点です。

 

あらすじでは、物語の展開や世界観を詳しく書く必要はありません。

新規読者は、あなたの小説に、たいして興味ありません。長々と説明文章を書いたところで、一から丁寧に読もうとしません。適当に読み飛ばします。

あらすじで小難しい世界観の説明が書かれていようものなら、読者は「読むのダルいなぁ・・・・・・」と思って、本編を読む気を失います。小説投稿サイトなら、即座にブラウザバックです。

 

読者にとって長ったらしくならず、かつ物語の売り(魅力)を効果的に伝えるなら、350~600文字が適正範囲というわけですね。

 

 

 

小説・ラノベのあらすじの型

 

あらすじの型は、以下の3段階で構成されます。

あらすじの型|3段階
  1. 読み手の興味を引く場面(描写)を入れる
  2. 主人公が危険に陥る場面を入れる
  3. 物語の舞台や世界観の説明を入れて、あらすじを結ぶ

 

 

 

あらすじ第1段階:読み手の興味を引く場面(描写)を入れる

 

新規読者が あらすじを読んでいる時、本編に興味を持っていません。『時間を使って本編を試し読みする価値があるかどうか』を判断するために、あらすじを流し読みします。

 

あらすじの段階で、読み手が「この作品、つまらなそうだな」と判断したら、もう本編は読まれません。

あらすじの最初に『平凡な日常風景』や『主人公の設定』や『小難しい世界観の解説』を書くことは厳禁です。

 

そこで、あらすじの最初は、読み手の興味を引けそうな『衝撃的な展開』から書くことをオススメします。

 

読み手の興味を引ける情報の要素は、次の通りです。

これらの要素と合致する場面を本編から探して、あらすじの最初に書きましょう。

読み手の興味を引ける要素
  • 反社会的(犯罪や暴力、恐怖に関わる表現)
  • 性的(異性交遊やハーレムに関わる表現)
  • 新奇性(目新しくて、常識に反している表現)
  • 快適性(癒しに関わる表現)
  • 社会承認(富、名声、権力に関わる表現)
  • 自己優越(万能、才能に関わる表現)

 

 

 

あらすじ第2段階:主人公が危険に陥る場面を入れる

 

第2段階では、主人公が敵役に襲われるなど、命の危険が迫っている場面を入れます。

 

読み手は「主人公、このピンチをどうやって突破するんだ?」と思って、その後の展開に興味を持ちます。

 

 

 

あらすじ第3段階:物語の舞台や世界観の説明を入れて、あらすじを結ぶ

 

第3段階で、物語の舞台と世界観の説明を入れます。

 

第1段階、第2段階のあらすじを読んだ人は、物語本編に興味を持てました。でも、どんな雰囲気の物語なのか、まだ分かりません。

そこで、第3段階で舞台や世界観の説明を入れて、どんな雰囲気の物語なのか伝えます。具体的には、舞台や世界観を象徴するキーワードを盛り込みます。

 

第1~3段階が書けたら、結びにふさわしい文を置いて、あらすじを完成させます。

結びの文は、適当で構いません。自然に読める内容になっていれば、それで大丈夫です。

 

 

 

小説・ラノベのあらすじ具体例

 

参考までに、小説家になろう・カクヨムのPV数を増やす方法について説明した記事に書いた、あらすじの具体例を引用します。

先ほど説明した通り、最初に読み手の興味を引く場面を入れ、その次に主人公が危険に陥る場面を入れ、最後に舞台や世界観についての説明を入れています。

あらすじ全文は、約400文字です。

 

あらすじの具体例

(第1段階)

いきなり、エルフの幼い少女にキスされた。きらめく魔法陣。手のひらに浮かぶ奇怪な紋様。少女は唇を離し、頬を染めながら宣言する――さあ、従属の証に、わらわを護衛せよ――と。


(第2段階)

間髪を置かず、茂みから次々に飛びだす魔獣の群れ。今にも飛び掛からんとする魔獣を前にして、召喚された創一は、夢を見ている気分だった。なぜなら――『自分の書いた小説と全く同じ展開』だったのだから。


(第3段階)

自らが生み出した世界に投げ込まれ、作者の創一は何を思い、何を感じるか。バッドエンドに書き換えられた物語を”上書き”すべく、命懸けの異世界冒険が幕を開ける!

 

 

 

小説・ラノベの面白いあらすじを効率よく学ぶ方法

 

面白いあらすじを書けるようになるには、多くの優れたあらすじを目にして『こんな感じだな』という感覚をつかむことです。

 

そこで、小説家なろう日間ランキングページを開いて、上位作品の概要情報のあらすじを眺める方法をオススメします。

小説家になろう日間ランキングページ(総合ジャンル)

 

小説家なろう日間ランキング掲載されるためには、新規読者が面白がるような小説タイトル・あらすじ・冒頭(書き出し)を書く必要があります。

日間ランキング掲載作品のあらすじを見れば、面白いあらすじの具体例を無料かつ効率よく学べます。

補足

日間ランキングは、小説タイトル・あらすじ・冒頭(書き出し)が面白いというだけで、掲載されることがあります。

週間ランキング、月間ランキングとなると、本編が面白くなければ、圏外に落ちていきます。小説タイトル・あらすじ・冒頭(書き出し)が面白いだけでは、生き残れません

面白いあらすじの具体例を学ぶだけなら、日間ランキングの掲載作品を見るだけで充分です。

 

 

具体例として、記事執筆時点の日間ランキングの掲載作品の中から、面白そうな あらすじを抜粋しました。

最初から『登場人物や世界観の淡々とした説明』や『主人公の平凡な日常場面』を書いている作品は、たとえランキング上位に掲載されていても、具体例として抜粋していません。

 

 

こちらは、アニメ化したことで一躍有名となった【転生したらスライムだった件】のあらすじです。

主人公が通り魔に襲われ、いきなり死ぬという書き出し。意識が戻ったら、体がスライムになっているという意外な展開。魔物が生息する異世界という世界観が分かる『スライムj』『魔王』『異世界』というキーワードが並んでいます。結びの『天然主人公の異世界スライムライフ』という言い回しには、のほほんとした雰囲気があるので、快適なカタルシスを味わえそうです。

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!などと言いながらも、日々を楽しくスライムライフ。 出来る事も増えて、下僕も増えて。ゆくゆくは魔王でも目指しちゃおうかな? そんな、どこかずれた天然主人公の異世界スライムライフです。

引用元:小説家になろう|転生したらスライムだった件

 

 

こちらは【最強勇者、魔獣に懐かれパーティーを追放される 〜美少女化した魔獣が毎日これでもかと甘えてくる〜】のあらすじです。

書き出しは『所属するパーティからの追放』という、今では陳腐になってきているネタです。しかし、魔物が寄ってくるという、一風変わった理由です。

『魔獣の秘密を知る』という記述は、新規読者に「この勇者は、どんな秘密を知ったんだろう?」という好奇心を抱かせます。

次の一文では、勇者が魔獣を守るための保健所を設立しています。本来、勇者は魔獣を倒す存在です。その勇者が保健所を設立したのですから、大きな意外性があります。

あらすじ後半では、美少女化した魔獣たちとの性的な触れ合いと同居ハーレム展開が書かれています。男性の新規読者を引き寄せる文章として、とても効果的ですね。

「お前といると魔獣が寄ってくんだよ!」と、パーティを追放された勇者は、偶然にも魔獣の秘密を知る。魔獣を守るべく魔獣の保健所を設立した勇者だったが……収容していた魔獣が次々と美少女化!? 舐めたり甘噛みしてくる魔獣(美少女)たち、勇者を溺愛しているお姫様、迷子のサキュバスとの騒がしい同居生活が始まる。 お色気、日常、バトル、シリアスを混ぜたストーリーにできたらなと思ってます。

引用元:小説家になろう|最強勇者、魔獣に懐かれパーティーを追放される 〜美少女化した魔獣が毎日これでもかと甘えてくる〜

 

 

こちらは【その劣等騎士、レベル999】のあらすじです。

昔話の桃太郎を下敷きにした語り口調ですが、お爺さんは地獄の軍勢狩り、お婆さんは魔界の大公狩りというように、強烈な意外性を放っています。日本昔話風の語り口で、西洋ファンタジー要素が登場するミスマッチも面白いですね。

あらすじ後半を読むと『最強系主人公の無双劇』という物語展開であることが分かります。需要のある鉄板ネタですが、ただ強いだけの最強系主人公は、もはや陳腐化しています。際立った面白味を感じません

しかし、あらすじ前半のつかみが強力なので、試しに本編を読んでみたい気になりました。主人公の能力や攻撃方法に、桃太郎を西洋風にしたような変わった特徴があれば、さらに興味を引けることでしょう(もしかしたら、本編には登場しているかも?)。

昔々、あるところにお爺さんとお婆さんがいました。 お爺さんは山に地獄の軍勢狩りに、お婆さんは川に魔界の大公狩りに出かけました。 そうして、お爺さんとお婆さん……大賢者と武神は魔界の大公である魔神ベルゼブブとの戦いで勝利をおさめて世界を救うことになりました。 と、その時、女神が現れてこう言いました。 「世界を救ったお礼に、今まで子ができなかった貴方達夫婦に子供を授けましょう」 異世界から転生してきた赤ちゃんはすくすくと成長し、武神と大賢者にシゴかれながら山奥で暮らしました。けれど少年は外界と接触したことがありません。「僕は強くなって騎士様になりたい」と、なかば家出同然で少年は家を飛び出しましたが、武神と大賢者は絶句しました。少年の教育の為、上には上がいるということを伝える為に 「お前は弱い」 と常日頃から教え続けてきたのです。 これは古代龍を大トカゲと思い込んで狩猟し日常食とするような、最弱にして最強の少年の物語です。

引用元:小説家になろう|その劣等騎士、レベル999

 

 

 

あらすじだけでなく、タイトル・冒頭(書き出し)も面白さを重視しよう

 

新規読者の興味を引くためには、面白いあらすじを書くことが重要です。

 

けれど、最も重要なのは、小説タイトルの面白さです。

小説タイトルは、作品の入り口です。入り口の段階で興味を引けなければ、数百文字も書かれている長ったらしい作品説明文(あらすじ)なんて、誰も読もうとしません。

 

新規読者の興味を引ける面白い小説タイトルのつけ方・決め方は、こちらの記事で解説しています。

本

小説タイトルの付け方・決め方|読者が集まる7つの属性、知ってた?

2018年10月10日

 

 

小説タイトル・あらすじより劣りますが、本編の第1話またはプロローグの冒頭(書き出し)も重要です。

せっかく小説タイトル・あらすじで新規読者の興味を引けても、第1話またはプロローグ冒頭(書き出し)が面白くなければ、読者から「なんだ、本編は面白く無さそうだな」と判断されてしまいます。

 

新規読者の興味を引ける冒頭(書き出し)の書き方は、こちらの記事で解説しています。

小説・ラノベ冒頭の面白い書き出しのコツ|書き方の具体例まとめ

2018年9月12日

 

 

 

まとめ

 

この記事の内容のまとめです。

まとめ
  • あらすじとは、物語の内容を大雑把に要約したもの。
  • 新人賞の応募作品に付けるあらすじは、物語の冒頭から結末まで、きっちりと筋書きを書きまとめる。
  • 商業作品や投稿サイト作品のあらすじは、新規読者の興味を引くことを重視すべし。
  • あらすじの推奨文字数は、350文字~600文字。あらすじが長すぎると、新規読者は読むことを面倒がって、本編を読む前に脱落する。
  • 小説のあらすじの型(3ステップ)
    • 読み手の興味を引く場面(描写)を入れる
    • 主人公が危険に陥る場面を入れる
    • 物語の舞台や世界観の説明を入れて、あらすじを結ぶ
  • あらすじだけでなく、小説タイトル・冒頭の書き出しも面白くしよう。

 

 

↓ ↓ ↓ 小説執筆のオススメ記事 ↓ ↓ ↓

小説・ラノベの書き方講座|文章作法から物語完成まで徹底攻略 | ノマドクリエイターの執務室

小説・ラノベの執筆に役立つ創作記事をまとめた案内ページです。文章作法に始まり、新規読者を獲得するテクニック、物語の作り方、魅力あるキャラクターの作り方、小説投稿サイトや新人賞の攻略方法を掲載しています。

 

 

パソコン1台だけで
超効率よく月30万円を稼ぎ、

朝から晩まで好きなだけ
自宅やカフェで小説を執筆したり、

気の向いた時に日本各地を
取材旅行して回ったり出来る、

自由すぎる作家生活の創り方を
あなたは知っていますか?

 


 

あなたは、こんな不安を持っていませんか?

「将来は作家になりたいけど、収入面が不安」

「せっかく作家になっても、打ち切りやスランプで稼げなくなったら、どうしよう」

「編集者の命令に従わされて、言われた通りの作品を生産する奴隷作家になりたくない」

 

実は、私も同じような不安を抱いていた1人です。

作家という生き方の危うさが気になり、まっすぐ作家を目指すことを危険に思いました。

そこで、私は『創作活動できる自由時間』と『安定して生活できる収入』を両立する方法を探し始め……2年の時間をかけて、ようやく答えを見つけました。

 


◆ いつでも・どこでもパソコン1台で『月30万円』の収入を稼げる。

◇ 会社の嫌な仕事や面倒な人間関係から解放されて、『たっぷりの自由時間』を確保できる。

◆ 打ち切りやスランプで印税が少なくなっても、生活を安定させられる。

◇ 日本各地を旅して、作家の引き出し(人生経験)を増やせる。

◆ 朝から晩まで、自宅やカフェで創作活動に熱中していられる。


 

そんな自由な作家生活の創り方を【無料メール講座】で伝えています。

※メール講座では、簡単な作業なのに初月10万円を稼げてしまう●●●を こっそりと限定公開。