小説のプロット作成に便利な『箱書き』とは|書き方とメリット

 

どうも、ノマドクリエイターのショウヘイ(@shohei_creator)です。

 

今回の記事では、物語のプロット作りに役立つ『箱書き』を紹介します。

 

 

物語のプロット作成に役立つ箱書き(ハコガキ)とは

 

本来の意味の箱書きは、道具の銘(誰が作ったか)や歴代の所有者などの情報を保管箱に墨で書いて記録したものです。

 

 

それに対して、創作業界で言うところの箱書きは『物語の各場面の情報を箱に見立てたメモ用紙に書いて、それぞれの場面役割や繋がりを整理するもの』です。

早い話が、プロットの1種ですね。

箱書き

 

 

箱書きに書く内容は、5W1Hを基本にしつつ、その場面を描く目的や伏線の設置/回収などです。

箱書きに書くべき内容に決まりはなく、使い手の都合に合わせて改良して大丈夫です。

箱書きに書く内容(参考例)
  • 場面番号(箱書きの順番を明確にするため)
  • 時間(その場面が いつ頃か)
  • 場所(その場面が どこか)
  • 登場人物(その場面に登場する人物の名前)
  • 出来事(その場面で何が起きるか)
  • 場面の目的(その場面を挿入した理由)
  • 人物の肉体状態(特に主人公の肉体状態)
  • 人物の心理状態(特に主人公の心理状態)
  • 危険度(登場人物にとって、その場面が どれだけ危機的か。危険度が高い展開ほど、読者を楽しませる)
  • 伏線の設置/回収(伏線の設置・回収。何も無いなら記入しない)

 

 

こちらは、映画【スパイダーマン】を参考に作った箱書きです。

主人公ピーターがスーパースパイダーに噛まれた日の翌昼、廊下でイジメっ子のフラッシュと戦闘になる場面を抜き出しました。

場面番号第1幕 003 (ピンチポイント1)
時間クモに噛まれた翌日の昼休み
場所食堂と廊下
登場人物ピーター(主人公) フラッシュ(噛ませ犬)
出来事食堂で席についたピーターは、手首から糸を出して、昼食が載ったお盆を引き寄せる。自分は横に身をかわし、背後にいたフラッシュにお盆(昼食)を当てる。

ピーターは逃げるように席を立つが、手首から出ている糸には、お盆が絡まっている。それを見たフラッシュは、ピーターが仕掛けた悪戯だと思う。

廊下にて、フラッシュにピーターを襲わせる。その際、ピーターは超人的な能力によって、フラッシュの攻撃を避ける。最後は、フラッシュの乱打を避けたピーターが拳を突き出し、フラッシュを数メートル吹っ飛ばす。

場面の目的① 超人的な能力に目覚めたことをピーターに自覚させるため。

② ピーターを危機的な状況に立たせて、読者を緊張させて、楽しませる。

③ ピーターがイジメっ子のフラッシュを返り討ちにすることで、読者に勧善懲悪のカタルシスを体験させる。

人物の肉体状態ピーター:健康(超人化)
人物の心理状態ピーター:戸惑い→戦闘の緊張→能力の確信
危険度中(ただし、ピーターの超人化を理解していない読者の視点。実際の危険度は皆無)
伏線の設置/回収特になし

 

 

 

 

物語の箱書きを作るメリット

 

わざわざ箱書きを作ることには、次の5つのメリットがあります、

箱書きを作るメリット
  • その場面の情報を把握できる
  • 前後の場面の整合性を確認できる
  • 箱書きを自由に並べ替えられる
  • 場面展開の波を調整しやすい
  • 伏線の設置・回収の対応が分かりやすい

 

 

箱書きのメリット1:その場面の情報を把握できる

 

箱書きを書くことで、その場面の状況(いつ・どこで・誰が・何を・なぜ・どのように)をひと目で把握できます。

箱書き全体を眺めて、物語に組み込むべき登場人物や出来事を思いついたら、該当箇所の箱書きに書き足しましょう。

 

 

箱書きのメリット2:前後の場面の整合性を確認できる

 

特定の箱書きと、その前後の箱書きを見比べることで、場面展開に整合性(不自然さや矛盾が無い度合い)が取れているどうかを確かめられます。整合性が低いと思ったら、つなぎとなる箱書きを作って、継ぎ足します。

もしくは、とある場面を入れる必要が無いと感じたら、その箱書きを抜き取ります。

 

 

箱書きのメリット3:場面を自由に並べ替えられる

 

箱書きはメモ用紙なので、自由に順番を並べ替えられます。

主人公に関する重要な回想場面を入れる場所に迷ったら、箱書きを並べ替えることで、自然にハマル場所を探しやすくなります。

 

 

箱書きのメリット4:場面展開の波を調整しやすい

 

箱書きの項目に『危険度』を付けることで、主人公がどれだけの困難に直面することになるか、ひと目で把握できます。

主人公が困難に直面して、それを乗り越えべく努力する場面は、読者を楽しませる大切なものです。

困難の危険度が低い、または物語を通して危険な場面が少ないと感じたら、危険度の高い場面を付け足しましょう。

 

 

箱書きのメリット5:伏線の設置・回収の対応が分かりやすい

 

箱書きの項目に『伏線の設置/回収』を付け足すことで、どこに伏線を張ったか・いつ伏線を回収するかを管理しやすくなります。

伏線(場面番号●●で回収)というように、伏線を張る時に回収場面の番号も書き添えておけば、伏線回収を忘れずに完了できます。

 

 

 

箱書きを必ず作った方が良いか

 

人によって意見は分かれるでしょうが、私個人は、わざわざ箱書きを作る必要は無いと思います。

というのも、そこまで詳しい場面情報が無くても、物語を書き進められるからです。プロットを作るにしても、時系列ごとに出来事を整理した表(簡易版の年表)で充分です。

 

綿密なプロットを組んでから物語を執筆したい人には、箱書きを作ることをオススメします。


たくさんの収入と自由時間を手にして、好き放題に創作活動を楽しむ、たった1つの方法


メルマガヘッダー

 

「将来は作家になりたいけど……収入面が不安」

「作家になっても、スランプになって稼げなくなったら、どうしよう・・・・・・」

 

こんな不安、あなたも持っていませんか?

 

私もその1人でした。

作家の収入の不安定さが気になり、まっすぐ作家を目指すことを危険に思っていました。

 

そこで、私は回り道して『創作活動する自由時間を確保しつつ、安定した経済基盤作ること』を優先しました。

 

その結果、パソコンを使って稼ぐ仕組みを作り上げて、収入と自由時間を両立する生き方を見つけました。

 

 


パソコン1台で、いつでも・どこでも稼ぐ能力を身につけて、

『一定以上の収入』と『たっぷりの自由時間』を確保して、

日本各地を旅して人生経験を増やし、作家としての引き出しを増やしながら、

創作資料に囲まれて、朝から晩まで創作活動に熱中できる。


 

 

そんな生活の実現方法を『無料メール講座』で伝えています♪

※ 期間限定、5万円相当のプレゼント付き

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です