ココナラよりも稼ぎやすくて、副業の素人でも「初月10万円」を狙える●●●という方法

ココナラのダイレクトメッセージ疑問&回答まとめ

 

どうも、ノマドクリエイターのショウヘイ(@shohei_creator)です。

 

ココナラのダイレクトメッセージを使っていると、こういった疑問を持ったことはありませんか?

ダイレクトメッセージの疑問点
  • 相手に画像を見せたいのだけど、どうやって画像添付(ファイル添付)するんだろう?
  • 間違えてメッセージを送っちゃったけど、メッセージ削除って出来るのかな?
  • 相手がメッセージを読んだか気になるんだけど、どこを見たら既読が分かるの?
  • エラーが起きてメッセージが送れないのだけど、何が原因なの?

 

 

私自身、ダイレクトメッセージ機能を使っていて、同じ疑問を持っていました。

今回の記事には、ココナラのダイレクトメッセージに関する代表的な疑問に対する答えを載せておこうと思います。

 

 


ココナラのダイレクトメッセージの送り方

 

具体的なQ&Aに移る前に、そもそも『ココナラのダイレクトメッセージの送り方が分からない』というユーザーもいるでしょう。

そこで、ダイレクトメッセージの送り方も説明しておきますね。

 

まずは、ダイレクトメッセージを送りたいユーザーのプロフィール欄を見てください。

プロフィール名の下に【出品者に問い合わせる】というアイコンがあるので、こちらをクリックします。

出品者に問い合わせ

 

 

すると、ユーザーにダイレクトメッセージを送るための入力欄が表示されます。

ダイレクトメッセージの送信

 

 

1度でもダイレクトメッセージを交わした相手は、マイページの【ダイレクトメッセージ】というページに情報が登録されます。

以降のメッセージやりとりは、こちらのページから おこないましょう。

ダイレクトメッセージページ

 

 

 


ココナラのダイレクトメッセージに関する疑問(削除・既読・画像添付・送れない)の回答まとめ

 

それでは、1つ1つの疑問ごとに、回答を載せていきます。

 

 

疑問その1:ダイレクトメッセージで画像の添付(ファイル添付)は出来るのか?

 

追記

2019年7月9日のアップデートにより、ダイレクトメッセージでも、データファイルの添付がおこなえるようになりました。

ココナラのダイレクトメッセージにおけるデータ添付欄

 

 

疑問その2:ダイレクトメッセージは削除できるか?

 

ダイレクトメッセージは、削除できません。

 

誤ってメッセージを送ってしまった時は、素直に「すみません、メッセージを誤送信してしまいました」と一言メッセージを送っておきましょう。

 

 

疑問その3:どこを見たら、ダイレクトメッセージが既読と分かる?

 

相手にダイレクトメッセージが読まれた場合、既読の証拠が表示されます。これで、メッセ―ジが読まれたか・読まれていないかを見分けられます。

 

ブラウザ版ココナラの場合、ダイレクトメッセージが読まれると、該当メッセージ左下に『開封済み』と表示されます。

ブラウザ版の既読マーク

 

 

アプリ版ココナラの場合、ダイレクトメッセージが読まれると、該当メッセージ右下に『✔既読』と表示されます。

アプリ版ココナラのダイレクトメッセージ既読マーク

 

 

 

疑問その4:ダイレクトメッセージが送れないけど、送信エラーの原因は?

 

これについては、原因は3つの場合が考えられます。

 

原因その1は、ダイレクトメッセージの文字数制限に引っかかっていることです。

ダイレクトメッセージの文字数上限は、最大1000文字までとなっています。1001文字以上のメッセージは、送れません。内容を分割して送信しましょう。

 

 

原因その2は、ココナラ運営が設定している不適切なキーワードが入っていることです。

利用規約で禁止されている行為に関するキーワードは、メッセージ送信できない仕組みになっています。

 

性的表現や暴力的表現、外部誘導に関するキーワード(LINEやSkypeなど)、他サイトの利用規約違反に関わるキーワード(無在庫、無断転載、レビュー代行など)は、不適切の対象のようです。

禁止キーワードが含まれている状態でメッセージを送ろうとすると、【不適切な内容が含まれています】と表示されて、送信エラーが起きます。

ココナラ 不適切なキーワードエラー

 

 

原因その3は、ココナラサーバー側の接続障害です。

これについては、サーバー接続が回復するまで、30分~1時間ほど待てば良いだけですね。

 

 

 

疑問その5:サービス紹介などの営業ダイレクトメッセージは送ったほうがいいの?

 

人によって意見が異なるでしょうが、私は止めた方がいいと思いますね。

どうしてかと言うと、ウザイからです。

 

私もココナラを使っていて、多くのココナラ出品者から営業ダイレクトメッセージをもらったことがあります。

……が、ダイレクトメッセージ経由でサービスを購入したことは、ただの1度たりともありませんでしたね。

 

正直なところ、開封すらしないことが多かったです。

「何かの質問かな?」って思ってダイレクトメッセージを開いたことはありますが、文頭で「なんだ、営業か」と分かったら、速攻でブラウザバックします。

 

そもそも、人間は他人の誘導によって自分の行動を決められることを嫌がります。心理的リアクタンスと呼ばれるものです。

つまり、単なる営業目的でダイレクトメッセージを送る行為は、送られた側に高確率で不快感を与えてしまうわけです。「なんだ、私の財布の中身が目当てか」って具合に。

 

検索エンジンに営業 心理的リアクタンスと打ち込んで、検索してみてください。

「他人に何かを買ってもらおうと催促すること」がいかに商機を逃すのかについて、さまざまなサイトが説明してくれています。

 

もちろん、営業ダイレクトメッセージを送れば、購入希望者も少しくらい現れると思いますよ。下手な鉄砲も数打ちゃ当たる、とも言いますからね。

ただ、その当たった少数の陰に、どれほど不快な印象を持った大多数がいるのかについて、想像した方がいいですね。

 

人間として嫌われたら、「なんか嫌だから、この人からサービスは買いたくない」と思われます。

つまり、本来はサービスを買ってもらえたかもしれない未来の商機を、目先の利益を目的にした営業ダイレクトメッセージで潰すわけです。

 

別の問題として、営業ダイレクトメッセージを送る時って、基本的にコピペで送るじゃないですか。

誰に対しても同じようなメッセージを送りまくっている相手に対して、好印象を抱きますか? 絶対に不快感の方を抱きますよ。

たとえるなら、誰に対しても同じような口説き文句を使って粉をかけているナンパ師みたいじゃないですか。

 

「ショウヘイさんが抱いている●●の悩みに対して、私が出品したサービスが微力ながらお役に立てると思います。いかがでしょうか?」と書かれているようだったら、少しばかり心が動きます。

たとえ営業目的であっても、私のためだけにメッセージを書いて送ってくれたわけですからね。自分が気にかけられているという自己重要感を刺激されます。

 

さらに別の問題として、似たような文面のメッセージを不特定多数に大量送信していると、ココナラ運営からスパム扱いされかねません。

あくまでも可能性論ですが、サービス出品権限の一時停止出品者としてのオススメ度の低下なんてことも、もしかしたらあり得るじゃないですか。

 

諸々のことを考慮しても、営業ダイレクトメッセージを送る価値なんて無いですね。

一斉送信できるわけでもないので、時間も手間も掛かりますし。

 

本当に売り上げを増やしたいのであれば、見込み顧客を集客できるような役立つ記事を書いてブログに投稿したり、既存サービスにつけるための無料特典を作ったりした方が、よほど健全な努力ですね。


 


ショウヘイの人生が漫画になりました

(副業素人でも初月10万円を稼げるノウハウを限定公開中)

gif-manga-mini