ココナラよりも稼ぎやすくて、副業の素人でも「初月10万円」を狙える●●●という方法

ココナラの手数料&支払い方法まとめ【2020年1月 最新版】

 

ショウヘイ

どうも、ノマドクリエイターのショウヘイ(@shohei_creator)です。

ふーちゃん

ブログアシスタントのふーちゃんです。

 

これからココナラを使ってサービスを購入・出品しようと考えているのであれば、ココナラの手数料は、とても気になるところでしょう。

ちまたでは、「ココナラの手数料は高すぎっ!」と言われていますが、実際のところ、どれくらい高いのか気になりますよね。

 

今回の記事では、ココナラの月会費・出品手数料・販売手数料など、手数料に関する情報をまとめました。

 

ショウヘイ

ちなみに、ココナラの手数料を安くする裏技は無いです。

手数料率の低い高額サービスを販売する手段は、そもそも現実的ではありません。サービス価格の高ければ、より売れにくくなります。

ふーちゃん

受注と納品の実績を積むために、とりあえずココナラを使いましょう。

個人としての信用が積み上がり、ブログやSNSを利用して集客も出来るようになったら、仮払いの機能を備えたアズカリのような外部サービスを介して個人取引に取り組むことをオススメしますよ。

紙の貯金箱

アズカリの登録方法と使い方|安い手数料で仮払いを使った取引が可能に!

2020年1月28日

 


ココナラの登録料・月会費について

 

ココナラは、無料で会員登録できます。

また、会員情報を維持する月会費などは、必要ありません。

ただ単に会員登録しているだけならば、ココナラを無料で利用できます。

0円 無料

 

 

 


ココナラの出品手数料について

 

ココナラでは、サービスを無料で出品できます。

どれだけサービスを出品しても、すべて無料です。

 

ココナラにサービス出品することも、無料で出来ます

0円 無料

 

 

 

ココナラの支払い方法と購入手数料について

 

ココナラでサービスを購入する時は、購入そのものに手数料は掛かりません。

サービスの購入手数料は、無料と思ってください

 

ただし、サービスの購入代金の支払い方法(決済方法)によって、決済手数料が必要になることもあります。

 

ココナラでは、以下の支払い方法を選べます。

ココナラの支払い方法(決済方法)
  • クレジットカード決済(VISA・Mastercard・JCB・AMEXに対応)
  • 携帯電話会社のキャリア決済(NTTドコモ・au・ソフトバンクに対応)
  • コンビニ決済(ローソン、ファミリーマート、サークルK・サンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキ・ヤマザキデイリーストア、セイコーマートに対応)
  • 電子マネー決済(ビットキャッシュ・Vプリカに対応)
  • 銀行振込
  • ココナラポイント
  • ココナラコイン

 

 

ココナラの支払い方法(決済方法)の中でも、決済手数料が無料の支払い方法は、次の通りです。

  • クレジットカード決済
  • 電子マネー決済
  • ココナラポイント
  • ココナラコイン

 

 

反対に、決済手数料が有料の支払い方法は、次の通りです。

決済手数料が有料の支払い方法
  • 携帯電話会社のキャリア決済(決済手数料100円)
  • コンビニ決済(決済手数料150円)
  • 銀行振込(各銀行の振込手数料によって変わる)

 

 

ココナラでサービスを購入する時は、なるべく決済手数料が無料の支払い方法(クレジットカード決済など)を選びましょう。

クレジットカード

 

 

 

ココナラの販売手数料について

 

ココナラでは、販売したサービスの売上金から、販売手数料を取られます。

つまり、サービス販売の手数料は、ココナラ出品者に負担するわけです。

 

ココナラの販売手数料の額は、まずはサービスの種類よって変わります。

ココナラのサービス種類
  • 通常サービス(テキストサービス・ビデオチャットサービス)
  • 電話サービス

 

 

ココナラの通常サービスの販売手数料&計算式

 

ココナラ通常サービスでは、トークルームごとの取引成立時に、販売総額(おひねり・有料オプション含む)から、販売手数料が差し引かれます。

ココナラの販売手数料は、サービス価格に対して『手数料率と消費税(10%)の合計値』を掛け合わせた金額になります。

 

ココナラの手数料率は、販売総額の範囲によって、3つに分けられます。

ココナラの販売手数料の3区分
  1. 1円〜50,000円以下の範囲 → 手数料率25%
  2. 50,001円〜100,000円以下の範囲 → 手数料率20%
  3. 100,001円を超える範囲 → 手数料率10%

 

 

ただし、加算される消費税(10%)も考慮すると、こちらが実質的なココナラの手数料率です。

ココナラの販売手数料の3範囲(税率8%を考慮)
  1. 1円〜50,000円以下の範囲 → 手数料率27.5%
  2. 50,001円〜100,000円以下の範囲 → 手数料率22%
  3. 100,001円を超える範囲 → 手数料率11%
ココナラの実質手数料率の計算方法

ココナラの実質手数料率は、サービス価格ごとの基本手数料率に、さらに消費税(10%)を上乗せすることで算出できます。

数式で表すと、次の通りです。


【実質の手数料率の計算式】

実質的な手数料率 = サービスごとの基本手数料率 ×  消費税率(10%)

※ 消費税率(10%)には、1.1を代入


【具体例価格5万円のサービスを販売した場合の実質手数料率】

基本手数料率(25%)× 消費税率=27.5%

 

 

ここで、注意して欲しいことがあります。

ココナラの手数料率は、累進課税のように、該当する金額範囲ごとに適用されます。

 

たとえば、とあるトークルームの販売総額が12万円だった場合は、3つの価格帯ごとに手数料を別計算します。

その後、各手数料を合計することで、最終的な手数料である26460円を算出します。

ココナラの手数料(累進方式)

 

 

ショウヘイ

ココナラの手数料率と手数料の計算方法は、かなり面倒です。

とりあえず、『サービス販売の売上金のうち、手数料として27.5%を取られる』と考えておくといいですよ。

たいていの出品サービスは、価格5万円以内に収まりますからね。

 

 

ココナラの電話サービスの手数料&計算式

 

ココナラの電話サービスについては、手数料率は公式発表されていません。

しかし、消費税率10%と仮定して、電話サービスの手数料から逆算すれば、おおよその手数料率は分かります。

 

結論を言うと、ココナラの電話サービスの実質手数料率は、58%~59%です。

 

電話サービスの手数料率の計算方法は、次の通りです。

電話サービスの手数料計算方法

手数料率 = 通話1分あたりの報酬 ÷ 通話1分あたりの相談料 ÷ 消費税率(10%)

※ 税率(10%)には、1.1を代入


手数料率は53%~54%の範囲内なので、そこに税を加味すると、実質手数料率は57%~59%になる

 

 

ちなみに、こちらは、ココナラの公式サイトに掲載されている電話サービス相談料と報酬の一覧表です。

実際に計算してみれば、実質手数料率が58%~59%であると納得できるでしょう。

ココナラの電話サービス相談料と報酬表

【相談料(1分あたり)】→【報酬】→【実質の手数料率】

  • 100円 → 41円   → 59%
  • 120円 → 49円   → 59.2%
  • 140円 → 59円   → 57.9%
  • 160円 → 66円   → 58.8%
  • 180円 → 74円   → 58.9%
  • 200円 → 83円   → 58.5%
  • 220円 → 91円   → 58.6%
  • 240円 → 99円 → 58.6%
  • 260円 → 107円 → 58.8%
  • 280円 → 115円 → 58.9%
  • 300円 → 124円 → 58.7

 

 

ココナラの売上金の振込手数料について

 

ココナラで稼いだ売上金は、登録した銀行口座へ振り込めます。

 

ココナラの売上金の振込は、3000円未満の場合は、振込手数料160円を取られてしまいます。

しかし、3000円以上の振込であれば、手数料は無料です。

 


ココナラの売上金を銀行口座へ振り込む時は、3000円以上も貯まった状態になってから、振込申請しましょう。

 

 

 

ココナラ利用者にオススメの記事

ココナラについて執筆した40種類以上の記事をまとめたガイド記事です。

あなたが抱いているココナラについての悩みの大半は、このガイド記事によって解決するでしょう。

ココナラの始め方&使い方を完全攻略【サービス購入・出品のやり方を詳しく解説】

2018年9月21日

 


ショウヘイの人生が漫画になりました

(副業素人でも初月10万円を稼げるノウハウを限定公開中)

gif-manga-mini