小説・イラスト・動画を投稿&販売できるサイト【Fantasfic】の使い方

fantasficトップページ

 

ショウヘイ

どうも、ノマドクリエイターのショウヘイ(@shohei_creator)です。

ふーちゃん

ブログアシスタントのふーちゃんです。

ショウヘイ

今回の記事では、小説・イラスト・音声・動画などの創作物を投稿したり販売できたりするサイト【Fantasfic】について紹介します。

 


Fantasficとは

 

Fantasficとは、小説・イラスト・漫画・音楽・動画など、あらゆる種類の創作物を投稿して共有できるオールジャンル投稿サイトです。

創作家同士の交流や合作、コンテンツ販売を盛んにすることを目的にして、株式会社えくすこによって運営されています。

 

Fantasfic

fantasficトップページ

 

 

サイト内では、各カテゴリーごとに、さまざまな作品が投稿されています。

Fantasficの投稿作品の一覧

 

 

また、Fantasfic会員ひとりひとりが自由にサークルを作れます。

サークルでは、個人または複数の会員が参加することができて、作品の投稿をおこなえます。

Fantasficのサークル一覧

 

 

ショウヘイ

サイトの内部構造を見たところ、どうやらサークル投稿した作品が投稿一覧に表示されるみたいだね。

サークルを作らないと、作品の投稿は出来ない。

ふーちゃん

サークルは、個人アカウントの代わりみたいなものなんですね。

個人でも複数でも運用できるアカウント。

 

 

 


Fantasficが運営されている真の狙い

 

ふーちゃん

Fantasficの運営目的って、ショウヘイさんが有料テーマを元にして作成したQREAXIA(クレアクシア)と似ていますね。

QREAXIAは、創作家専門のコミュニティサイトですし、作品の投稿も可能です。

QREAXIAサムネイル

創作家のためのコミュニティサイト【QREAXIA -クレアクシア-】の紹介

2019年2月11日
ショウヘイ

表向きは似ているけれど、本質が違うかな。

Fantasficは完全な営利目的であることが分かるし、真の狙いは仮想通貨の価値を引き上げることだね。

株式会社えくすこが発行しているエクスカリバーコイン(Excaliburcoin)の価値を引き上げて、発行者としての権益を握ること……それが本当の目的だよ。

ショウヘイ

つまり、Fantasficの運営自体は、独自発行の仮想通貨の価値を高めるための手段に過ぎないって話さ。

そうじゃなかったら、わざわざ仮想通貨による投げ銭やコンテンツ購入の仕組みなんて導入しないよ。

今でさえ、一般人にとって仮想通貨の敷居は高いんだ。

本当に創作家の支援を目的にしているのなら、取っつきやすい日本円で投げ銭できるようにするよ。

「この作家さんに投げ銭したいけれど、仮想通貨……。よく分からないから、投げ銭は止めておこうかな」なんて躊躇されたら、創作家のためにならないでしょ。

海外展開を狙っているにしても、日本に根を張るサービスなんだから、日本円で投げ銭が出来ないのは不自然だ。

ふーちゃん

そ、それは……そうかもしれません。

投げ銭が日本円に対応していないのって、かなり変ですね。

Fantasficの投げ銭機能
ショウヘイ

あと、PRサイトの方に載っているエクスカリバーコインについての説明書き。

『保有枚数が多いアカウントほど、評価点が高くなり優先的に表示されるようになります』って……。

要するに、エクスカリバーコインの売り手が増えちゃうと、希少性の市場原理によって通貨価格が下がっちゃうから、「売らずに持っておけ!」ってことでしょ。

創作家を支援したいなら、コインを売って現金化しやすくした方が、運営理念に沿っているんじゃないかな。

fantasficの説明書き
ふーちゃん

これはこれで……妙な仕組みではありますね。

ショウヘイ

仮想通貨の価値を高めるには、市場で通貨が盛んに流通していることが大前提。そして、売り手が少なくて買い手が多いほど、通貨の価値は上がる。

売り手は創作家、買い手は投げ銭したいファンたち。

創作家は、持っているコインを売ってしまうと、自分のコンテンツの露出数が減ってしまう。

ファンは、仮想通貨による投げ銭なら、手数料が無料になるから、創作家を支援しやすいと感じる。

「独自発行の仮想通貨の価値を上げるために、創作家のコンテンツ販売とファンの投げ銭を狙って、創作家向けの投稿サイトを作りました」……というのが本音なんじゃない。

ふーちゃん

……なんか、白けましたね。

ショウヘイ

運営者の思惑はともかくとして、しっかりとサイトが作り込まれているし、デザイン面は優れているよ。

海外展開も考慮されていて、多数の言語に対応している点は、素直に素晴らしいと思う。

創作家が交流する機能(トークルームなど)は、まだ不足気味に感じるけれど、投稿サイトの1つとして使ってみていいんじゃないかな。

ショウヘイ

ただし、創作物から利益を得ることについては、pixivFANBOXやYouTubeの方が稼ぎやすいと思うよ。

集客力にしても報酬支払い制度にしても、pixivやYouTubeの方が使いやすいし。

 

 

 

Fantasficの会員登録の方法

 

Fantasficに会員登録するためには、トップページ右上にある【会員登録】をクリックします。

fantasficの会員登録

 

 

Fantasficでは、手持ちのGoogleまたはTwitterアカウントを利用する方式か、あるいはメールアドレスを登録する方式で、会員登録できます。

今回の具体例では、メールアドレスを登録する方式で、会員登録を進めていきます。

Fantasficの会員登録フォーム

 

 

メールアドレス・パスワードを入力して、利用規約プライバシーポリシーを読んだら、【登録する】をクリックします。

Fantasficの会員登録フォーム(記入済み)

 

 

Fantasficからメールアドレスへ確認メールが送られます。

Fantasficのメール確認

 

 

メールアドレスの受信箱を確認すると、Fantasfic運営からメールが届いているので、メール内の認証URLをクリックします。

Fantasficの確認メール

 

 

すると、Fantastic IDや興味のあるカテゴリ設定など、サイト利用についての4段階の質問ページが表示されます。

面倒であれば、スキップして構いません。

Fantasficの初期設定など

 

 

ログイン状態のFantasficトップページが表示されれば、会員登録は完了です。

Fantasficトップページ(ログイン状態)

 

 

 

FantasficでSMS認証をおこなおう

 

Fantasficでサークル作成やコメント投稿の機能を利用するためには、SMS認証をおこなっておく必要があります。

SMS認証とは

電話番号を利用して送れるショートメッセージ(SMS)を利用したセキュリティの一種。

電話番号は1人1つだけ持っていることが常なので、本人確認に利用されることが多い。

 

 

FantasficでSMS認証をおこなうためには、ダッシュボードページのアカウント管理欄より、【本登録(SMS認証)】をクリックします。

FantasficのSMS認証

 

 

あなたの携帯電話の番号を入力して、【確認】をクリックしてください。

FantasficのSMS認証フォーム

 

ショウヘイ

あなたが誰からも招待コードを提供されていない場合は、私の招待コードを利用してください。

あなたが会員登録した後に、本会員登録(SMS認証)まで終わらせると、5000EXCが贈呈されますよ。

Fantasficの招待コード

594216

 

 

電話番号が正しいかどうか確認するウィンドウが表示されるので、問題が無ければ、【送信】をクリックしてください。

Fantasficの電話番号の確認

 

 

人的操作であることを確認するreCAPTCHAが表示されるので、チェックしてください。

人的操作の確認

 

 

SMS認証コードの入力欄が表示されるので、あなたの携帯電話で着信したSMS内の数字コードを入力して、【コードを検証】をクリックしてください。

SMS認証コードの入力欄

 

 

このような画面が表示されれば、SMS認証は完了です。

Fantasficの認証の完了

 

 

 

Fantasficでサークルを作ろう

 

Fantasficで作品を投稿するためには、自分のサークルを保有している必要があります。

まずは、サークル作成をおこないましょう。

Fantasficのダッシュボードページより、【新規サークル作成】をクリックします。

Fantasficの新規サークル作成

 

 

Fantasficのサークル管理ページより、【新規サークル開設】をクリックします。

Fantasficの新規サークル開設

 

 

新規サークル用のカテゴリとサークル名が表示されるので、それぞれ設定した後に、【解説する】をクリックします。

Fantasficのサークル設定

 

 

カバー画像・アイキャッチ画像など、詳細なサークルページ設定がおこなえるようになります。

あなたの好みに合わせて、どんどん詳細な情報を設定してください。

Fantasficのサークル設定の詳細

 

 

ひと通りのサークル情報を設定できたら、【ページを公開する】をクリックしましょう。

Fantasficのサークルページ設定の例

 

 

公開状態が【公開中】に切り替わったことを確認しましょう。

Fantascigのサークル公開状態

 

 

 

Fantasficのサークルに小説作品を投稿しよう

 

Fantasficでサークルを作成したら、小説作品を投稿していきましょう。

 

小説作品を投稿したいサークルページを開き、左サイドバーより【投稿】をクリックします。

Fantasficのサークルの投稿

 

 

投稿設定ページが開くので、カテゴリーを【小説】に設定して、【新しい投稿】をクリックします。

Fantasficの投稿設定(小説)

 

 

小説作品についての基本情報を入力できるページが表示されるので、タイトルやキャッチコピーなどを埋めていきましょう。

Fantasficの小説設定(基本情報)

 

 

ひと通りの基本情報を設定したら、【下書き保存】をクリックしましょう。

Fantasficの小説の下書き保存

 

 

次に、【エピソード作成】をクリックします。

Fantasficのエピソード作成

 

 

エピソードタイトルとエピソード本文を入力できるページが表示されるので、あなたの小説作品の本編を書き込んでいってください。

ひと通り書き終わったら、【公開】をクリックしましょう。

Fantasficのエピソード変種欄

 

 

Fanasficの章とエピソードの管理ページに戻ったら、最後に【投稿】をクリックしましょう。

 

 

実際にサークルの投稿一覧ページを開いてみれば、先ほど投稿した小説作品が公開されていることが確認できるでしょう。

Fantasficの投稿表示の確認

 

 

こちらは、テストタイトル(小説作品)の概要ページです。

テストタイトルの中身

 

 

こちらは、エピソードページの内容です。


テストエピソードの中身

 


ショウヘイの人生が漫画になりました

(副業素人でも初月10万円を稼げるノウハウを限定公開中)

gif-manga-mini