パソコン1台で月30万円を稼ぎ、会社に人生を搾取されず、好き時・好きな場所で創作活動を楽しむ方法

小説・ラノベの執筆にGoogleドキュメントがオススメな5つの理由

Googleドキュメント

 

どうも、ノマドクリエイターのショウヘイ(@shohei_creator)です。

 

小説・ラノベを執筆するための専門アプリ・ソフト・ツールは、Web上に数多く出回っていますよね。

ただし、個人的な感想としては、Googleドキュメントが最も使いやすいと感じています。

 

今回の記事では、小説・ラノベの執筆について、Googleドキュメントが優れている点を紹介していきます。

 

なお、Googleドキュメント以外の執筆アプリ・ソフト・ツールについては、こちらの記事の方にまとめています。

小説の執筆やプロット作成に便利な無料アプリ・ソフト・ツール7選

2018年12月22日

 

 


そもそも、Googleドキュメントって何?

 

これから『小説・ラノベの執筆にGoogleドキュメントが優れている点』を紹介していくわけですが、そもそもGoogleドキュメントを知らない人もいるでしょう。

そこで、まずはGoogleドキュメントについて、軽く説明しておきますね。

 

Googleドキュメントとは、世界に名高いIT企業のGoogleが提供している、無料の書類作成ツールの1つです。

方向性としては、文章を主体とした書類の作成に向いています。

 

こちらの画像は、Googleドキュメントの実際の編集画面です。

普段からマイクロソフトのWordを使っている人であれば、慣れ親しんだデザインではないでしょうか。

Googleドキュメントの編集画面

 

 

Googleドキュメントを利用するためには、Googleアカウントを持っている必要があります。

まだGoogleアカウントを持っていない場合は、先にアカウント作成しておいてください。

こちらのページより、アカウント作成をおこなえます。

Googleアカウントページ

 

 

Googleアカウントを取得したら、こちらのページを訪れて、【Googleドキュメントを使う】をクリックしてください。

Googleドキュメントを利用する

 

 

あるいは、あなたがChromeブラウザを利用しているのであれば、アプリページからでも、Googleドキュメントを開けます。

ChromeのGoogleドキュメント

 

 

Googleドキュメントのページが開いたら、4色の十字マークをクリックすることで、新規ドキュメントを作成できます。

Googleドキュメントの新規作成Googleドキュメントの編集画面

 

 

 


小説・ラノベの執筆にGoogleドキュメントが便利な5つの理由

 

小説・ラノベの執筆について、Googleドキュメントには、多くの魅力が備わっています。

小説・ラノベの執筆にういて、特に重要と感じるポイントは、次の5つですね。

小説・ラノベの執筆に重要な5つのポイント
  1. 無料で利用できる
  2. 端末を問わず、オンライン上で編集できる
  3. 執筆しやすいように書式を調整できる
  4. 自動保存の機能
  5. 見出しをつければアウトラインを作れる

 

 

ポイント1:無料で利用できる

 

まずは、無料で利用できることが魅力ですね。

多くの人に向けて執筆ツールとして紹介するのですから、無料であることは必須です。

0円 無料

 

 

ポイント2:端末を問わず、オンライン上で編集できる

 

Googleドキュメントは、オンライン上でデータを編集できます。そのため、操作端末の種類を問いません。パソコンとスマホのどちらからでも、Googleドキュメントに接続できます。

もちろん、事前にアプリケーションをインストールすることも不要です。OS(WindosやMac)の種類を気にせずに、利用できます。

 

オンライン上でデータ編集できる特徴は、『通勤通学の電車の中』や『何かの順番待ち』のように、ちょっとした空き時間を活かせることです。

何か書きたいことを思いついたら、さっとスマホを取り出して、すぐにGoogleドキュメントに書きこめます。

どんな場所にいても、本編の続きを執筆したり、プロットやアイデアを書きまとめたりできますね。

電車でスマホを操作する女性

 

 

 

ポイント3:執筆しやすいように書式を調整できる

 

地味な特徴ですが、自分の好みに書式を調整できる点も魅力です。

 

あなたが小説投稿サイトを使って執筆している時、あるいは推敲している時に、『文字が小さくて読みづらい』と感じたことはないでしょうか?

しかし、多くの小説投稿サイトでは、自由に書式を調整できません。文字が小さくて読みづらかったら、ブラウザを拡大表示するしかありません。

 

それに対して、Googleドキュメントは、自由に書式を調整できます。文字の大きさは自由に変えられますし、自分が読みやすい書体に変更することも可能です。

Googleドキュメント 書式の変更

 

 

あと、1つ前の作業に戻せる(あるいは次の作業に進める)機能も、地味に便利ですね。

誤操作で文章を消してしまった時に、ボタン1つで、簡単に元の状態に戻せます。

Googleドキュメント 元に戻す

 

 

ポイント4:自動保存の機能

 

数時間にわたって小説を書いていたのに、ちょっとした誤操作のせいで、編集データがおじゃんに……なんて経験はありませんか?

 

しかし、Googleドキュメントを使っていれば、そんな事態は起きません。何か編集するたびに、自動保存がおこなわれるからです。

しかも、自動保存は、リアルタイムでおこなわれます。たとえ途中終了してしまっても、その直前から始められる仕様です。

Googleドキュメントの自動保存

 

 

ポイント5:アウトラインも作成できる

 

Googleドキュメントの見出しづけ概要表示を利用すると、一種のアウトラインも作成できます。

本編の各章タイトルを見出しづけしておけば、すぐに該当する部分にページジャンプできて、迅速な執筆をおこなえます。

アウトライン作成に特化した無料ツールも出回っていますが、正直なところ、Googleドキュメントで代用できますね。

 

 

アウトラインの作り方について、手順を紹介します。

まずは、見出しとして表示したい部分を範囲選択した状態で、メニューバーの【見出し1】をクリックします。

Googleドキュメント 見出しづけ

 

 

ひと通りのプロローグや章を見出しづけしたら、メニューバーの【表示】をクリックして、さらに【ドキュメントの概要を表示】をクリックします。

Googleドキュメント 概要表示

 

 

これで、ドキュメントの左側に概要欄が表示されます。

アウトラインとして活用してください。


Googleドキュメント 概要表示

 


ショウヘイの人生が漫画になりました

(副業素人でも初月10万円を稼げるノウハウを限定公開中)

gif-manga-mini