パソコン1台で月30万円を稼ぎ、会社に人生を搾取されず、好き時・好きな場所で創作活動を楽しむ方法

小説家の5年生存率、たった5%? ラノベ作家の生存率は約40%

 

どうも、ノマドクリエイターのショウヘイ(@shohei_creator)です。

 

作家の収入は、とても不安定です。

売れっ子作家以外は、専業で食べていくことが難しい・・・・・・これが現実です。

兼業で作家を続けるにしても、本業の忙しさに時間を取られて、なかなか創作業が進まないことも多々あるでしょう。

 

作家として生きる将来を考えている人は、どれだけの作家が生き残るのか気になるところですよね。

 

 

今回の記事では、小説家・ラノベ作家の生存率を取り上げます。

 

 


小説家の5年生存率は、たったの5%しかない

 

小説家の生存率に関する具体的なデータは、インターネット検索しても、なかなか出てきません。

しかし、2013年に宝島社第12回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞された八木圭一氏は、作家の生存率について興味深いことを言っています。

t_068_1

画像引用元:兼業小説家の八木さんに聞く! 夢の職業と会社員の両立、その実態は?(http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/suppli/topics/068)

 

 

八木氏は、とある取材記事の中で『年間に200人がデビューし、5年後も生き残るのは5%以下と言われています』と述べています。

 

統計データに基づく発言か分かりませんが、現小説家ですから、話の信ぴょう性は高いでしょう。

 

スランプに陥ったのか、本業が忙しくなりすぎたのか、創作業に飽きてしまったのか。

理由は分かりませんが、一般的な小説家の5年生存率は、5%と思っておきましょう。

 

 


ライトノベル作家の5年生存率は、約4割

 

ライトノベル作家の生存率については、非公式ですが、統計データが発表されています。

『ラノベ作家の生存曲線』という名目で、遠野九重氏がTwitterに画像を投稿していました。

 

 

この統計データでは、1975年1月1日~2016年12月31日までの期間にデビューしたラノベ作家4084人が対象です。

これだけの長期間・大人数の統計データなら、充分に信用できますね!

 

統計データによると、ラノベ作家は、デビュー後から急激に業界から消えていきます。

3年目の時点で、生存率は50.6%です。

5年目の時点で、生存率は41%です。

 

ライトノベル作家の生存率は、一般小説家と比べてみれば、かなり高いようですね。

 

 

 

作家として生き残ることは、やはり難しい

 

統計データからも分かる通り、作家として生き残ることは、とても難しいことです。

仮に生き残れたとしても、ある程度のヒット作を生み出さないと、原稿料や印税で食べていける保証はありません。

 

本人の能力次第とはいえ、作家として生計を立てることは、一種のギャンブルと考えた方がいいでしょう。

安易に『作家として食べていく!』と発起して、いきなり専業で稼ごうとすることは、オススメできません。


 

 


ショウヘイの人生が漫画になりました

(副業素人でも初月10万円を稼げるノウハウを限定公開中)

gif-manga-mini