小説家志望でも、簡単なパソコン作業で「初月10万円」を狙える●●●という方法

新アーキタイプのヴァージンとは|小説・ラノベの女主人公の設定論

少女

 

どうも、ノマドクリエイターのショウヘイ(@shohei_creator)です。

 

多くの物語の登場人物には、特定の型が見られます。創作業界では、アーキタイプ(元型)と呼ばれるものです。

今までは、アーキタイプとして、ヒーロー(英雄)・使者・賢者・門番・影・変化する者・トリックスターなどが挙げられきました。

 

しかし、ここ最近では、新たに『ヴァージン(処女)』というアーキタイプが提唱されました。

男性主人公に見られる英雄とは異なり、ヴァージンは『女性の主人公』に見られるアーキタイプです。

 

今回の記事では、主人公の女性性を象徴するアーキタイプのヴァージンについて、詳しく紹介していきます。

 

 

なお、総合的なキャラクター設定論については、小説・ラノベのキャラクター設定の作り方にて、詳しく解説しています。あわせて、ご覧ください。

キャラクター

小説のキャラクターの作り方|キャラ設定シート(質問63個)&便利ツール3選

2018年10月16日

 

 


アーキタイプ(元型)とは

 

ヴァージンの説明に入る前に、そもそもアーキタイプという言葉を知らない人もいるでしょう。まずは、アーキタイプについて簡単に説明しておきますね。

 

アーキタイプは、もともとは心理学者のカール・ユングが提唱した概念であり、心理学の用語です。

ユング

 

 

ユングは、人間の内面を『意識』『個人的無意識』『集合的無意識』の3つに分けました。

『意識』は、いわゆる顕在意識のことで、私たちが認識できる思考・記憶・感情の領域です。

人間が五感で得た情報は、全てが『意識』に留まるわけではありません。本当に必要な情報を覗き、残りは『個人的無意識』という領域に蓄積されます。『意識』領域で抑圧された感情や記憶は、この『個人的無意識』に流れ着きます。

『集合的無意識』は、大昔の先祖から受け継いできた意識です。人間の代に留まらず、古代のアメーバの時代からの意識も蓄積しているとも言われます。『集合的無意識』については、多くの人々が共有しているものです。アーキタイプは、この『集合的無意識』から出現するものなので、誰をも惹きつけるのだろうと考えられています。

意識

 

 

 


ヴァージンとは|女主人公のアーキタイプ

 

ヴァージンは、女主人公のアーキタイプとして提唱された概念です。

 

今まで、物語の主人公と言えば、男性が主流でした。そのせいか、主人公に該当するアーキタイプは、ヒーロー(英雄)しか提唱されていません。

しかし、物語の主人公は、みな男性ばかりではありません。また、いつも異国へ冒険に出掛けるわけでもありません。

おとぎ話に登場する女主人公は『一国の姫』または『姫になる前の一般人』が多いです。悪しきドラゴンを倒すために、王国の外へ旅に出掛けたりしません。

はじめは窮屈な人間関係に閉じ込められていたり、周囲が求めるままに流されていたりしますが、とある好機に恵まれることで、自分が本当に望んでいる『理想の自分』になるために動き出します。

女主人公は、自分の身の回りの人間関係に働きかけることで、自身の自己実現を目指そうとします。

花畑で踊る女性

 

 

 

ヴァージンとヒーローの違い

 

ヴァージンもヒーローも、どちらとも主人公に代表的なアーキタイプです。

一見したところでは、ヴァージンが女主人公、ヒーローが男主人公というように考えられそうね。けれど、ヴァージンの役割を果たす男性もいれば、ヒーローの役割を果たす女性もいます。

 

ヴァージンとヒーローでは、主人公が目指そうとしている目的地が違います。

分かりやすいように、ヴァージンとヒーローの特徴を並べた表を作りました。

ヴァージンヒーロー
問題の所在自分の内側自分の外側
解決方法周囲の人物から
協力してもらう
害をもたらす
元凶を倒す
目的地理想の自分になって
自己実現の喜びを得る
問題を解決することで
今よりも成長する
原動力理想の自分になりたい自己犠牲の大義
戦いの舞台生まれ育った家庭・王国見知らぬ異国
協力者友人同志
失敗の代償失望、狂気、自殺臆病、死

 

 

 

 

ヴァージンの旅路|自己実現の13ステージ

 

神話の法則(ヒーローズ・ジャーニー)では、ヒーローの旅路の段階として、全12ステージが提唱されてきました。

それを下地にしたのか、ヴァージンの旅路は、全13ステージが提唱されています。

 

ヴァージンの旅は、周囲に存在(家族など)に依存している状態から始まり、最終的に『周囲を変えることで、さらに自己実現も果たす』という状態を目指します。

以下、ヴァージン旅路である全13ステージです。

ヴァージン旅路:全13ステージ
  1. 依存の世界
  2. 服従の代償
  3. 輝くチャンス
  4. 衣装を着る
  5. 秘密の世界
  6. 適応不能になる
  7. 輝きの発覚
  8. 枷を手放す
  9. 王国の混乱
  10. 荒野をさまよう
  11. 光の選択
  12. 秩序の再構築
  13. 輝く王国

 

 

ステージ1|依存の世界

 

ヴァージンは、物語の最初では、周囲に依存した世界に住んでいます。親に養われていたり、制度や文化に身を守られていたりする状態です。

ヴァージンが依存している世界は、基本的に善良な環境です。息苦しくはありますが、身の安全や一定の生活の質は保証されています。

 

 

ヴァージンは、依存した世界に愛着を持っているので、渋々でも現状維持を選び続けます。ヴァージンが依存の世界に留まる理由は、大きく分けて、次の4つです。

ヴァージンが【依存の世界】に留まる理由
  1. 生きるため
    • 物語の始めでは、ヴァージンは幼児や少女の段階です。保護者の支援なしには、生きていけません。たとえ服従を要求されたり、嫌がらせをされたりしようと、その場から離れるわけにはいきません。突き放されようものなら、意地でも食らいつきます。
  2. 社会の慣習
    • 外部と交流の少ない閉鎖的な村や町では、慣習や伝統を重んじています。たとえ気に食わない点があろうとも、慣習や伝統に従っている限りは、その地域の人々から仲間と見なされて、外的から守ってくれます。
  3. 守ってもらうため
    • 自立して働ける年齢になっていたとしても、人間関係などの脅威から身を守るために、今ある環境に留まろうとします。【白雪姫】の物語では、白雪姫は、継母の指示を受けた猟師に殺されそうになりました。猟師に見逃してもらえた白雪姫は、家事することを対価に、小人の家に留まらせてもらいます。
  4. 愛されるため
    • 誰かに愛される喜びを手放したくなくて、依存の世界に留まろうとします。愛を望む対象は、両親であったり、継母であったり、意中の男性だったりなど、さまざまです。

 

 

 

ステージ2|服従の代償

 

ヴァージンは【依存の世界】に留まることを選んでいましたが、その代わりに、さまざまな苦難に耐え忍ばなければいけません。

常に周囲の望む自由を演じ続けなければいけないヴァージンは、『現実の自分』と『本心が望んでいる自分』の違いに気付いていますが、まだ行動を移せずにいます。

足かせ

 

 

【依存の世界】に留まるヴァージンには、次の4つの場合のどれかに位置します。

ヴァージンが【依存の世界】に苦しむ4つの場合
  1. 真の自分の姿に気付けない
    • 周囲の求める自分であり続けた結果、『本当は自分がどうありたいか』という理想像すら描けなくなっています。生き甲斐の無い日々は、ヴァージンから生きる活力を奪い取ります。
  2. 限られた世界の人生に甘んじる
    • 「こうなりたい!」という夢は抱いていても、実現の方法が分からないか、もしくは踏み出す勇気が湧きません。夢と現実の板挟みにあって、悶々とした日々を過ごすことになります。
  3. 奴隷のように奉仕している
    • 周囲の人々や制度の言いなりになっていると、奴隷のように仕えることを求められます。『他者への奉仕』が『他者からの愛を得る手段』となっていた場合は、奉仕の泥沼に沈んでいきます。
  4. 危険な精神状態に置かれる
    • 自分の意志に従うことを放棄した結果、どんどん自尊心が低下します。自分をぞんざいに扱うようになり、売春や薬物に走りかねません。悪化した先には、自殺が待ち受けています。

 

 

 

ステージ3|輝くチャンス

 

ヴァージンは、いつまでも【依存の世界】に留まれません。何かのキッカケを得て、『自分が本当に手に入れたいもの』に気付くからです。

この段階では、まだ【依存の世界】から飛び出しません。少し足を踏み入れる機会が提供されるだけです。

この次のステージにて、ヴァージンは、自分が輝ける世界の片鱗を味わえます。たとえ片鱗であっても、ヴァージンの心に光を宿してくれます。

光が差し込むドア

 

 

ヴァージンが【依存の世界】から足を踏みだすチャンスは、次の5つの場合に分けられます。

ヴァージンに訪れる輝くチャンス
  1. 運命に導かれる
    • 偶然の出来事が積み重なった結果、特定の場所に導かれます。
  2. 自らチャンスをつかみ取る
    • 【依存の世界】に身を置いていても、積極的にチャンスをつかもうと努力するヴァージンの場合です。実行に勇気は求められますが、そこまで困難な問題ではありません。ヴァージンは果敢に踏み出します。
  3. 力を貸してもらう
    • 日頃から努力していて、かつ運に恵まれた場合です。有名人や天使、不思議な道具など、強力な存在がヴァージンに力を貸してくれます。
  4. 誰かのために立ち上がる
    • 大義や慈愛の衝動に従って、誰かを助けるために動き出す場合です。
  5. 老婆のアーキタイプに応援される
    • 老婆のアーキタイプとは、いわゆる賢者のことです。ヴァージンの解説では、今までのアーキタイプ論と区別するために、賢者のアーキタイプを老婆と呼んでいます。老婆と言っても、男性であってもいいですし、若い人物であっても構いません。ヴァージンに役立つ助言や道具を授けてくれます。

 

 

 

ステージ4|衣装を着る

 

輝くチャンスを手にしたヴァージンは、自分が心の底で臨んでいる世界へ、一時的に足を踏み入れます。

世界が切り替わる象徴として、化粧したり着飾ったりするなど、ヴァージンの外見に何かしら変化が起きます。これは『依存の世界の自分』を脱ぎ捨てるという意味です。

ドレスを着た女性

 

 

ヴァージンの外見の変化は、次の4通りです。

ヴァージンの外見の変化
  1. 綺麗になる
    • ユング派の分析家ロナルド・シェンクは、著書【The Soul of Beauty(美の魂)】にて『人が美しくなるのは、内面が外見に反映された時ではないか』と述べています。ヴァージンの外見が綺麗になることは、内面に秘められていた美しさを表に出したという象徴です。
  2. 新たな衣服や装飾品を使い始める
    • 新たな衣服や装飾品とは、ヴァージンの夢を叶える手段や意識を変革する小道具です。巫女が神懸かりする時は、酒を呑んで酩酊したり、祭神を象徴する仮面を被ったりします。酒も仮面も、意識変革をもたらす自己暗示の道具です。
  3. 個人的なファッションショーに挑む
    • 『真の自分の姿』を表す衣装に身を包んで、人々の前に姿を現します。最初は上手くいきませんが、周囲の反応を観察して修正を加えることで、より洗練された状態に近づきます。人々の前に姿を現さずとも、鏡に映った新たな自分の姿を確認して、それが『真の自分』にふさわしいかどうか、自己判断します。
  4. 今までの衣服を脱ぎ捨てる
    • 【依存の世界】を象徴する衣服を脱ぎ捨てることで、『偽りの自分』からの脱却を図ります。従属を意味するメイド服を脱ぎ捨てて、1人の人間であることを自分にも他人にも再確認させるなど。

 

 

 

ステージ5|秘密の世界

 

ヴァージンは、真の自分でいられる【秘密の世界】を見つけて、感動を覚えました。しかし、そのことを周囲の人物に打ち明けたら、猛反対を食らうかもしれません。

そこで、【依存の世界】で生活を続けつつも、時々こっそりと抜け出して、真の自分でいられる【秘密の世界】へ遊びに行きます。

ヴァージンは【依存の世界】と【秘密の世界】を何度も行き来することで、自分にとって【秘密の世界】が必要不可欠であることを再認識します。

おとぎ話

 

 

 

ステージ6|適応不能になる

 

何度も【秘密の世界】で時間を過ごしたヴァージンは、もはや【依存の世界】で生活することが耐えられなくなります。

次第に【依存の世界】の住人に不平不満を言うようになり、対立の溝が深まり始めます。

落ち込む女性

 

 

適応不能になり始めたヴァージンは、次のような行動を起こすようになります。

適応不能になったヴァージンの行動
  1. 無謀な言動に走る
    • 真の自分になりたいという情熱が高まり、軽率な言動に走ります。
  2. 混乱して悩む
    • 自己実現が近づくにつれて、【依存の世界】で得ていた何かを失っていきます。それは人々の愛情であり、自分の過去のアイデンティティです。新たな獲得と喪失が繰り返され、ヴァージンは葛藤します。
  3. 周囲から注目されてしまう
    • ヴァージンの生き方に輝きが増すにつれて、自然と周囲から注目を集めるようになります。隠していた秘密が発覚して、後戻りのできない波乱に巻き込まれます。
  4. 難しすぎて無理だと言う
    • 新たな世界に踏み出すと、さまざまな困難がヴァージンの前に立ち現れます。【依存の世界】で育ってきたヴァージンは、困難に怖気ついてしまい、再び【依存の世界】に戻ろうとしてしまいます。

 

 

 

ステージ7|輝きの発覚

 

ついに【依存の世界】と【秘密の世界】の両立が出来なくなり、2つの世界が真正面から対立します。

ヴァージンは【依存の世界】の住人から非難されたり、罰を与えられたり、最悪の場合は追放されたりします。それが一種の後押しとなり、ヴァージンは自己実現の道を突き進みます。

 

 

輝きの発覚が起きる理由は、次の4通りです。

輝きの発覚が起きる理由
  1. 輝きが大きくなり過ぎる
    • 自己実現のための成長を続けたヴァージンは、もはや【秘密の世界】に収まり切らないほど大きな存在になりました。【秘密の世界】から卒業しなければいけなくなります。
  2. 状況が変化する
    • 状況そのものが変化することで、ヴァージンの【秘密の世界】が破壊されてしまいます。
  3. 【依存の世界】の住人に気付かれる
    • 【秘密の世界】の時間を楽しんでいたヴァージンは、偶然そこに居合わせた【依存の世界】の住人によって、自分の秘密を暴かれてしまいます。もう内緒で【秘密の世界】に訪れられません。
  4. 協力者に裏切られる
    • ヴァージンが【秘密の世界】にいることを内緒にしていた人物に裏切られ、秘密を暴露されたり、罠を張られたりします。

 

 

 

ステージ8|枷を手放す

 

ヴァージンは。人間としての成長を遂げて、もはや【秘密の世界】には収まりきりません。また、【依存の世界】との確執も深まり、後戻りも出来ません。

ヴァージンは、自己実現へ至るための枷を外して、未来に向かう準備を始めます。

天使

 

 

ヴァージンが自らの枷を外す時には、恐怖心との闘いを求められます。

過去の自分が作ったシガラミを断ち切るには、それ相応の困難を乗り越えなければいけません。

ヴァージンが乗り越えるべき恐怖心
  1. 傷つく恐怖
    • 【依存の世界】から旅立つ時には、その世界の人々から避難や迫害されるなど、心身ともに傷つく困難が待ち受けています。どっぷりと【依存の世界】に浸かっているほど、この困難は大きくなります。
  2. 愛を失う恐怖
    • ヴァージンにとって、【依存の世界】の人々から受け取っていた愛は、かけがえのない宝物です。この愛を失う恐怖に勝たなければ、自己実現へ向けて旅立てません。

 

 

 

ステージ9|王国の混乱

 

ヴァージンが旅立つことで、【依存の世界】の人々(特に肉親)の間に、大きな波紋が生じます。古い秩序が崩壊して、登場人物の対立は激しさを増します。

ヴァージンの肉親は、彼女を元いた世界に連れて帰ろうと必死になります。ヴァージンが肉親と精神的な闘いを繰り広げる場面は、ヴァージンにとって最大の葛藤を生み出します。

 

 

 

ステージ10|荒野をさまよう

 

【依存の世界】からも【秘密の世界】からも旅立ったヴァージンは、戸惑いと苦労に満ちあふれた荒野に迷い出ます。成功への具体的な道標はありません。

己の無力さに打ちひしがれながらも、自らの可能性を信じて、ヴァージンは厳しい環境の荒野を歩き続けます。理想の自分になるために。

荒野

 

 

 

ステージ11|光の選択

 

辛く苦しい荒野を進み続けるヴァージンは、やがて光り輝くような体験に巡り合います。自分が望んでいた生き方の実現です。念願の理想を叶えて、ヴァージンの喜びは最高潮に至ります。

天使

 

 

 

ステージ12|秩序の再構築

 

自分の理想を叶えたヴァージンは、ありのままの自分を【依存の世界】の人々に受け入れてもらおうと、彼らに挑戦します。

【依存の世界】の人々は、成長したヴァージンのことを認めて、再び共同体の一員としてヴァージンを向かい入れます。【依存の世界】の秩序が解体され、成長したヴァージンの価値観を取り入れて、新たな秩序に再構築されます。

ただし、すでにある秩序が解体される時には、必ず抑止力が起こります。成長したヴァージンの価値観を受けいれることを拒み、ヴァージンを潰しにかかります。

ヴァージンは、敵と直接 戦うことを避けます。この時、敵と戦って秩序の再構築を手伝う存在は、ヴァージンを支援者であるヒーローです。ヒーローは、ヴァージンの恋人でもあれば、両親や教師であったりもします。ヒーローの手を借りて、ヴァージンは秩序の再構築を完了します。

 

 

 

ステージ13|輝く王国

 

ヴァージンは、元いた世界に帰って来られました。人々は、ヴァージンの生き方を認め、ありのままの彼女を受けいれてくれます。

秩序が再構築された時、人々は『新たな秩序がもたらされて良かったんだ』と気付きます。その結果、次のようなことが起こります。

秩序の再構築によって起きるもの
  1. 世界に停滞をもたらした原因が判明して、除外される
    • 継母の嫉妬や父権支配、時代遅れの制度などが除去されます。社会の秩序は、より健全さを増します。
  2. 新しい価値観と生き方がもたらされる
    • ヴァージンによって新しい風がもたらされたことで、共同体に今までにない価値観や生き方が湧き起こります。ヴァージンに勇気づけられ、己の理想を叶えるために行動する人が続出します。
  3. 無条件の愛の自覚が絆を強化する
    • 最初の頃の【依存の世界】は、ヴァージンに対して条件付きの愛を与えていました。けれど、成長したヴァージンによって秩序が再構築されたことで、無条件の愛を与える喜びを知りました。以前よりも、ヴァージンと【依存の世界】の間に、強い絆が結び直されます。

 

 

 

まとめ

 

この記事の内容のまとめです。


まとめ
  • アーキタイプは、人間の『集合的無意識』に見られる、物語の登場人物の型。
  • ヴァージンは、周囲に影響を与えることで自己実現を目指す主人公のアーキタイプ。おとぎ話の女主人公が該当しやすい。
  • ヴァージンとヒーローの違いは、向かう目的地の方向。ヴァージンの場合は、目的地は自己実現であり、己の内側に向かう。ヒーローの場合は、目的は問題を解決する過程で得られる人間的成長であり、己の外側に向かう。
  • ヴァージンの旅路:13ステージ
    1. 依存の世界
    2. 服従の代償
    3. 輝くチャンス
    4. 衣装を着る
    5. 秘密の世界
    6. 適応不能になる
    7. 輝きの発覚
    8. 枷を手放す
    9. 王国の混乱
    10. 荒野をさまよう
    11. 光の選択
    12. 秩序の再構築
    13. 輝く王国

 

小説の執筆に役立つオススメ講座

小説の書き方について執筆した50種類以上の記事をまとめた講座ページです。

こちらの講座ページを読んでいくことで、あなたの小説執筆の技術力は、今よりも3倍以上は高まるでしょう。

小説・ライトノベルの書き方|文章作法から物語完成まで徹底解説!

2018年12月27日


ショウヘイの人生が漫画になりました

(副業素人でも初月10万円を稼げるノウハウを限定公開中)

gif-manga-mini