noteの使い方|小説作品を有料販売して稼ぐことは難しいかも

note

 

ショウヘイ

どうも、ノマドクリエイターのショウヘイ(@shohei_creator)です。

ふーちゃん

ブログアシスタントのふーちゃんです。

ショウヘイ

今回の記事では、あらゆる創作物を投稿できて、しかも収益化も狙えるサイト【note】について紹介します。

 


noteとは

 

noteは、文章・写真・イラスト・音楽・映像など、あらゆる創作物を投稿できるサイトです。

ブログに投稿するような感覚で、小説は当然ながら、漫画や動画などを投稿していけます。

 

note

note

 

 

noteが他の投稿サイトと異なる点は、投稿物を有料にして販売てきることです。

創作物や生活に役立つ情報を有料化して販売することで、投稿物から直接の利益を得ることが可能です。

noteの投稿物の有料販売

 

ふーちゃん

自分の投稿物を有料にして販売できるなんて、面白い仕組みですね!

これなら、創作家さんはコンテンツを投稿するだけなので、決済や入金の管理が減りますね。

ショウヘイ

ココナラでサービス販売していた身としては、個人で集客できる能力があるのなら、noteで情報商材を販売した方が楽だろうね。

ココナラと違って、noteは『類似サービスと比べられる』という要素が薄いから、独壇場でサービス販売していきやすいね。

ふーちゃん

個人としての集客力や信用がある人は、noteの方が稼ぎやすいわけですね。

 

 

 


noteの会員登録の方法

 

noteで会員登録するためには、ページ右上にある【新規登録】をクリックします。

noteの新規会員登録のボタン

 

 

noteの会員登録ページが開きます。

noteでは、メールアドレスを登録する方式の他にも、手持ちのSNSアカウントを利用しても会員登録できます。

今回の具体例では、メールアドレスを登録する方式で、会員登録を進めていきます。

noteの新規会員の登録ページ

 

 

ニックネーム・メールアドレス・パスワードを入力したら、利用規約を読み、【登録する】をクリックしましょう。

noteのメールアドレス・パスワード設定

 

 

note側がおすすめ記事を表示するために、あなたの興味のあるジャンルを選ぶページが表示されます。

答えたくなければ、スキップして構いません。

noteの興味のあるジャンル

 

 

メールアドレスの受信箱には、noteより、確認用のメールが届いています。

メールに記載されているURLをクリックしましょう。

noteの確認メール

 

 

noteにログインされた状態でトップページが表示されれば、会員登録は完了です。

noteのログイン状態

 

 

 

noteに小説作品を投稿しよう

 

noteで小説作品を投稿するためには、ページ右上にある【投稿】をクリックします。

noteの投稿ボタン

 

 

noteにコンテンツを投稿するためのマイページURLを設定します。

いったん設定したURLは、後から変更できません。注意してください。

noteの投稿URLの設定

 

 

トップページが表示されるので、再び【投稿】をクリックします。

noteの投稿ボタン

 

 

すると、投稿物の種類を選択するメニューが表示されます。

小説の場合であれば、【テキスト】を選びましょう。

noteの投稿物の種類

 

 

テキスト投稿物用の編集ページが表示されます。

小説であれば、ノートタイトルに『小説タイトルとエピソードタイトル』、本文に『エピソード本文』を書き込んでいきましょう。

noteの編集画面

 

 

noteのテキスト投稿物は、ブログ記事の仕様を基準にしています。

特定の文章を範囲選択すれば、装飾用のツールバーが自動表示されます。

noteの文章装飾

 

 

また、文章を入力していない行(空行)については、画像を挿入することも可能です。

挿絵やイメージ画像の貼り付けに利用するといいでしょう。

noteのテキスト投稿物のデータ添付

 

 

ひと通りの内容を書き終えたら、【公開設定】をクリックしましょう。

noteの公開設定

 

 

投稿物の無料・有料の設定やハッシュタグの設定などをおこなえる画面が表示されます。

小説作品の投稿物であれば、基本的に無料公開を指定しましょう。

noteの公開設定の詳細

 

 

noteのハッシュタグについては、何か文字を入力すると、変換候補と総使用回数が表示されます。

小説作品に関連するハッシュタグで、総使用回数が多い(多くのユーザーが使っている)ものを選んでおきましょう。

noteのハッシュタグ

 

 

最後に【投稿】をクリックすれば、noteに投稿物が公開されます。

noteの投稿物の公開

 

 

noteに投稿物が公開されると、下の画像のように、新着投稿として表示されます。


noteの投稿物の表示結果

 

 

 

noteは小説投稿サイトとして使えるのか?

 

ショウヘイ

noteはブログ記事としての側面が強いから、小説を投稿するサイトとしては不向きかな。

1つ1つの投稿物が独立しているから、『小説作品の概要ページ→エピソード一覧ページ→各エピソードページ』という階層構造になっていないんだよね。

読者からすれば、過去のエピソードを探すために苦労するだろうね。

ふーちゃん

たしかに、追加したエピソードをまとめた個別記事を用意しておかないと、次のエピソードを探す時に苦労しそうですね。

全エピソードの一覧ページが自動作成される、普通の小説投稿サイトの方が便利です。

ショウヘイ

noteの魅力は、投稿物を有料販売できるところだけれど……。

娯楽コンテンツが無料配信されることが常識になっている現在では、小説の有料販売は厳しいかな。

noteに小説を投稿するくらいだったら、ノベルバのように、PV数に応じて作者に報酬が支払われる小説投稿サイトを使っていった方がいいよ。

ノベルバトップページ

小説投稿サイト「ノベルバ」の使い方

2019年7月30日

 


ショウヘイの人生が漫画になりました

(副業素人でも初月10万円を稼げるノウハウを限定公開中)

gif-manga-mini