スキルクラウドよりも稼ぎやすくて、副業の素人でも「初月10万円」を狙える●●●という方法

スキルクラウドの会員登録の方法&サービス出品方法を徹底解説!

握手と虹

 

どうも、ノマドクリエイターのショウヘイ(@shohei_creator)です。

 

「スキル売買」と聞くと、すぐにココナラを思い浮かべる人も多いでしょう。

ココナラはスキルフリーマーケットとして有名ですが、だからこそ、競合となる出品者が多くなりすぎています。今さらサービスを出品したところで、サービス評価数の多い古参出品者には勝てません。

 

そこで、今回の記事では、もう1つのスキルフリーマーケットサイトであるスキルクラウドについて紹介します。

スキルクラウド

 

 

スキルクラウドの仕様はココナラと似ていますが、ココナラが廃止してしまった無料お試し出品が導入されています。

スキルクラウドでは、サービス価格を無料にして出品できるので、サービス評価数を稼ぎやすい状態です。今のうちにサービス評価数を増やしておけば、のちのちに無料お試し出品ができなくなっても、有利な状況でサービス販売できます。

 

競合者が増える前に、いち早くサービスを出品しておきましょう!

 

 


スキルクラウドとココナラの違いとは

 

スキルクラウドとココナラは、スキルフリーマーケットという点では、どちらも同じです。

ココナラを参考にしているのか、後発のスキルクラウドの仕様は、ココナラと似ているところが多いです。

 

ただし、いくつかの点については、大きな仕様の違いがあります。

 

スキルクラウドは、無料お試し出品が出来る

 

1つ目の違いは、スキルクラウドでは、無料お試し出品(価格0円の出品)が可能です。これは非常に魅力ですね。

お試し出品

 

 

ココナラの無料お試し枠(無料出品)が無くなった極悪デメリットという記事で、ココナラの仕様変更についてボロクソに批判している通り、無料お試し出品は重要です。

この仕様が無くなったココナラでは、ービス評価数の多い古参出品者が猛威を振るっています。新参出品者は、基本的に勝てません。

 

しかし、スキルクラウドでは、無料お試し出品が可能です。サービス価格が無料であれば、すぐに購入者が現れてくれます。

ある程度のサービス評価数を稼げれば、たとえサービスを有料に変更したとしても、今までのサービス評価数が信用材料となってくれます。新規の購入者が現れるので、売り上げを確保しやすくなります。

 

 

スキルクラウドは、SNSやブログのリンクを貼れる

 

2つ目の違いは、プロフィールにて、自分のSNSやブログのリンクを貼れることです。

スキルクラウドのプロフィールリンク設定

 

 

ココナラは大きな知名度や市場規模を得たせいか、保守的な仕様変更ばかりおこなっていました。

その一環として、プロフィールにSNSやブログのリンクを貼れないように、リンク欄を撤去しましたね(外部誘導が嫌なのでしょう)。

 

それに対して、スキルクラウドでは、プロフィールにSNSやブログのリンクを貼れます。要は、外部誘導が可能です。

自身の知名度を広げたり、独自の販売戦略も織りまぜていきたかったりする場合であれば、外部サイトのリンクを貼れる仕様は魅力的ですね。

 

 

スキルクラウドは、じかに出会うサービスも出品できる

 

3つ目の違いは、スキルクラウドでは、現実の場所でサービス購入者と出品者が出会って、直接のサービス提供をおこなえます。

 

ココナラが基本的にサービス購入者と出品者の直接接触を禁止していることを鑑みるに、かなり異質と言えます。

個人的には、個人の時間を買い取ってサービス提供してもらえる「タイムチケット」というマッチングサイトを連想しました。

 

ココナラがガチガチの保守サービスを提供しているので、差別化を図るために、スキルクラウドは自由なサービス売買を売りにしているのかもしれませんね。

 

追記

ココナラは、派生サービスとして、ココナラミーツを開始しました。

ココナラミーツは、従来のココナラと異なり、サービスの出品者と購入差yが実際に会った状態で、取引をおこなえます。

対面・教室サービスについては、スキルクラウドの強みになりません。

ココナラミーツ

 

 

 


スキルクラウドの会員登録の方法

 

スキルクラウドでサービス出品するために、まずは会員登録を済ませましょう。

はじめに、スキルクラウドの会員登録ページを開いてください。


 

スキルクラウドの新規会員登録ページを開いたら、登録用のメールアドレスを入力して、【送信】をクリックします。

スキルクラウドの会員登録ページ

 

 

登録したメールアドレスへ、スキルクラウドから仮登録メールが送られます。

スキルクラウドの仮登録メール

 

 

スキルクラウドで登録したメールアドレスの受信箱を開いて、スキルクラウド運営から送信されたメールを探してください。

メール内には、認証URLが記載されているので、クリックしましょう。

スキルクラウドの本登録メール

 

 

すると、スキルクラウドの会員情報を入力するページが開きます。

ユーザー名やパスワードなど、必要事項を記入した後に、【送信】をクリックします。

スキルクラウドのユーザー設定

 

 

【登録が完了しました】と表示されれば、スキルクラウドの会員登録は完了です。

スキルクラウド 登録完了

 

 

 

スキルクラウドでサービス出品するための準備

 

スキルクラウドでサービスを出品するためには、事前にアカウント情報を設定しておく必要があります。

まずは、【出品者マイページ】メニューの【アカウント情報】をクリックしてください。

スキルクラウド アカウント情報

 

 

スキルクラウドのアカウント情報の設定ページが開きます。

必要事項を記入した後に、【保存】をクリックしましょう。

スキルクラウドのアカウント情報の記入

 

 

スキルクラウドのアカウント情報が設定できると、【保存が完了しました】というポップアップが表示されます。

スキルクラウドのアカウント情報の保存完了

 

 

スキルクラウドのサービスを出品するには、【出品者マイページ】メニューの【サービスを出品する】をクリックします。

スキルクラウドのサービス出品

 

 

スキルクラウドでは、次の4ステップでサービス情報を設定していきます。

サービス情報の設定手順
  1. サービス情報の入力
  2. サービス情報の保存
  3. サービス画像の設定
  4. 公開設定

 

 

こちらの画像は、スキルクラウドでサービス情報を設定するための編集ページです。

 

 

スキルクラウドのサービス情報の設定項目について、1つ1つ説明しますね。

 

スキルクラウドのサービスタイプ設定

 

スキルクラウドでは、次の3つのサービスタイプを選べます。

スキルクラウドのサービスタイプ
  • 専用ルーム
    • メッセージやファイルデータをやり取りするための専用トークルームにて、取引をおこないます。データによる納品であれば、基本的に専用ルームを使います。
  • 対面型
    • オンライン上ではなく、現実の場所にて、サービス購入者と出品者が対面して取引をおこないます。実技指導系のサービスなどを提供する時に使います。
  • 教室型
    • 現実の特定の場所にて、サービス出品者1人と複数のサービス購入者が対面して取引をおこないます。セミナーのように、大人数に対して同時にサービス提供したい時に使います。

 

 

対面型を選んだ場合は、サービス情報の設定項目として、日時と場所が追加されます。

スキルクラウド 対面型サービスの設定項目

 

 

教室型を選んだ場合は、サービス情報の設定項目として、日時と教室が選べます。

スキルクラウドの教室型サービス情報の設定欄

 

 

教室を選ぶためには、教室管理ページにて、事前に教室の名前や場所の情報を設定しておいてください。

スキルクラウド 教室管理

 

 

スキルクラウドのサービスカテゴリー設定

 

スキルクラウドに出品するサービスの該当カテゴリーを選択できます。

スキルクラウド カテゴリー

 

 

スキルクラウドのサービスタイトル設定

 

スキルクラウドのサービスタイトルは、10文字~30文字の範囲内で設定できます。

スキルクラウドのサービスタイトル

 

 

入力したタイトルは、下の画像のように、サービス概要の真ん中に表示されます。

スキルクラウドのサービスタイトルの表示例

 

 

スキルクラウドのサービス概要の設定

 

スキルクラウドのサービス概要設定では、サービス内容についての簡単な紹介文を設定できます。

概要の文字数は、最大120文字まで入力可能です。

スキルクラウドのサービス概要設定

 

 

入力したサービス概要は、下の画像のように、下方に表示されます。

サービス概要の文章は、最大120文字まで入力できるとされていますが、どうやら90文字を超えたあたりから省略されてしまうようです。

サービス概要については、多くとも100文字以内に収めた方が良いですね。

スキルクラウドのサービス概要例

 

 

なお、サービス詳細ページに表示されるサービス概要は、きちんと改行も反映されます。

サービス概要の読みやすさを考慮するなら、適度に改行しておくことをオススメします。

スキルクラウドのサービス概要(詳細ページ)

 

 

スキルクラウドのサービス内容の設定

 

スキルクラウドのサービス内容は、100文字~4000文字まで入力できます。

4000文字まで書けるとなると、かなりの情報量を記入できますね。

スキルクラウドのサービス内容設定

 

 

スキルクラウドには、ココナラで言うところの【よくある質問】のように、Q&Aを設定する項目が存在しません。

購入者のことを考慮して、サービス内容には、自作のQ&Aコーナーを設けておきましょう。

スキルクラウド よくある質問

 

 

スキルクラウドのYouTube動画埋め込み

 

スキルクラウドでは、サービスに関連する動画を埋め込みできます。

音声データを販売したり、実演指導や講習を販売したりしたい場合は、参考になる撮影動画を載せておくと良いでしょう。

スキルクラウドのYouTube埋め込み

 

 

スキルクラウドのサービス価格の設定

 

スキルクラウドに出品するサービスの価格を設定できます。

ココナラが廃止してしまった無料お試し出品が可能なので、最大限に活用しましょう。

スキルクラウドのサービス価格

 

 

スキルクラウドのお願い事項の設定

 

スキルクラウドのお願い事項とは、サービス購入にあたっての注意事項を記入する欄ですね。

イラスト販売サービスであれば、修正回数の上限や著作権譲渡などを記載しておくと良いですね。

スキルクラウドのお願い事項

 

 

スキルクラウドのPR設定

 

スキルクラウドのPR欄では、サービスや自身についてなどをアピールできます。

自由記入欄のようなものなので、あなたの好きなように使って大丈夫です。書くことが無ければ、無記入でも構いません。

スキルクラウドのPR欄

 

 

スキルクラウドの納品予定日の設定

 

スキルクラウドで出品したサービスの納品予定日を設定できます。

購入者の期待を裏切ることがないように、余裕を持たせた納品予定日を設定しましょう。

スキルクラウドの納品予定日

 

 

スキルクラウドの追加サービスの設定

 

スキルクラウドの追加サービスでは、基本サービスに加えて、オプションとして提供したいサービスを設定できます。

追加サービスでは、【サービス名・サービス内容・価格】の3種類を設定できます。追加サービスの数は、最大10個までです。

ココナラで言うところの有料オプションの位置づけですね。

スキルクラウドの追加サービス

 

 

スキルクラウドのサービス画像の設定

 

上記の情報を設定した後に、【保存】をクリックすると、サービス画像の設定欄が表示されます。

スキルクラウド 画像の設定

 

 

1枚目に設定した画像は、サービス概要のサムネイルとして使われます。

スキルクラウドのサムネイル表示

 

 

スキルクラウドのサービス画像は、どうやら合計データサイズが5MB以内であれば、何枚でも設定できるようですね。

イラスト系サービスを出品する時に、大量のサンプルイラストを掲載したい時には、便利な仕様でしょうね。

 

 

スキルクラウドのサービス公開設定

 

ひと通りのサービス情報が設定し終わったら、最下部にある【公開する】をクリックしましょう。

これで、スキルクラウド内で出品サービスが公開されます。

スキルクラウドの公開設定

 

 

 

スキルクラウドで稼ぎやすいプロフィールの書き方

 

スキルクラウドでサービスが売れやすくなるプロフィールの書き方にういては、こちらの記事で詳しく説明しています。

スキルクラウド プロフィールサムネイル

スキルクラウドで稼ぐためのプロフィールの書き方!信用と親しみを重視しよう

2019年6月22日

 

 

 

スキルクラウドでサービスが購入された後の取引やりとり

 

スキルクラウドでサービスが購入された後の取引やりとりについては、こちらの記事で詳しく説明しています。


取引

スキルクラウドのサービス購入後の取引やりとり【出品者編】

2019年7月2日

 


ショウヘイの人生が漫画になりました

(副業素人でも初月10万円を稼げるノウハウを限定公開中)

gif-manga-mini