在宅Webライターよりも稼ぎやすくて、どこにでもいる主婦や大学生でも「初月10万円」を狙える●●●という方法

Webライター初心者向け!SEO対策した記事の書き方を9ステップで解説

seo

 

どうも、ノマドクリエイターのショウヘイ(@shohei_creator)です。

 

Webライター向けの記事作成の案件は、文字単価が1円以上になってくると、SEO対策の知識とテクニックが求められるようになります。

Webライター初心者であれば、誰もがSEO対策について戸惑うことでしょう。

 

SEO対策の勉強には、数多くの専門用語が登場します。しかも、SEO対策は、ちょっと勉強した程度では歯がたたないほど、奥深い分野です。

また、クラアントから委託されて記事を作成するWebライターには、不要なSEO対策テクニックもあります(被リンク集めなど)。どのSEO対策テクニックが自分にとって必要なのか判別できなくて、きっと混乱してしまうことでしょう。

 

そこで、「クライアントから記事作成を依頼されるWebライター」にとって必要なSEO対策の知識・テクニックのみを抜き出して、この記事にまとめました。

あなたが文字単価の高いWebライター案件に挑戦していく時に、この記事の内容が確実に役立ちます。

 

なお、この記事を執筆するために、以下のSEO対策の専門書籍を参考にしています。

SEO対策について解説した専門書籍なので、この記事の情報についての信憑性の高さは、折り紙つきです。素直に実践して大丈夫です。

SEO書籍

 

 

そもそもSEOって何?

 

まずは「そもそもSEOとは何か」という本質から理解を深めていきましょう。

 

用語としての意味は、検索エンジン最適化(Search Enzine Optimization)です。

英単語の頭文字をとって、一般的にはSEOと略称されています。

SEO

 

 

検索エンジンとは、インターネット上に存在するWebコンテンツを検索するためのツールです。

SEOにおける検索エンジンは、特にGoogleが開発した検索エンジンのことを指しています。

その理由は、「検索エンジン=Google」といっても問題ないほど、Google検索エンジンの使用率がズバ抜けて高いからです。

SEO-Google

 

 

Net Applications(Webツールの利用率を調査して発表している企業)によると、2019年4月における端末ごとのGoogle検索エンジンの世界使用率は、以下の通りです。

誰かがSEOという言葉を使ったら、Google検索エンジンについて言及していると考えて、ほぼ間違いありません。

端末ごとのGoogle検索エンジンの世界使用率(2019年4月調べ)

  • デスクトップ:75.33%
  • スマートフォン:89.32%
  • タブレット:87.01%

 

 

SEOは「記事の検索順位を上げるためのテクニック」として、一般的に知られています。

ただし、実際のところは、「読者とGoogleにとって、分かりやすくて役立つ記事を書くための配慮」と言った方が正しいですね。

 

読者とGoogleにとって分かりやすくて役立つ記事であるから、コンテンツとして高評価されて、結果的として検索順位が上がっていく・・・・・・ただそれだけです。

ポイント

SEOは「読者とGoogleにとって、分かりやすくて役立つ記事を書くための配慮」

 

 

「SEO=検索順位を上げるテクニック」と思いこんでいる人ほど、外部サイトから大量のリンクを送ったり、過剰に特定のキーワードを盛りこんだりなど、作為的で不自然なテクニックを実践しがちです。

この手のSEOは「ブラックハットSEO」と呼ばれており、Googleからも不適切な行為として扱われています。

 

記事作成を委託されるWebライターについては、この「ブラックハットSEO」を覚える必要はありません。

検索順位の低下などのペナルティ要因となりかねないので、いずれにせよ、他人に堂々とオススメできるような代物ではありません。

黒い帽子と仮面を被った男性

 

 

 

SEOとSEO対策の違いは?

 

ちまたでは「SEO」だけでなく「SEO対策」と呼ばれることもあります。

結論からいえば、両者は同じ意味です。

 

「SEO対策」という表現は、日本語に直訳すると「検索エンジン最適化対策」となり、少し不自然ですよね。

「最適化を対策するってなんぞや?」と思うことでしょう。

 

丁寧に「SEO対策」の用語を説明するなら、次の2通りが考えられます。

「SEO対策」の丁寧な用語説明

Google検索エンジンの評価システムは記事タイトルと記事の内容がズレていたり、見出しの数が不足(あるいは多すぎたり)したりなど、読者にとって不便な記事の掲載順位が落ちるように最適化されている。だから、その評価システム考慮した対策を記事に施そう。


Googleの検索結果で上位表示されている記事は、検索エンジンの評価システムで高評価されるように、記事の体裁が最適化されている。この記事に検索順位で勝つためには、より高く評価されるような工夫を施すなどして、対策しなければいけない。

 

 

どちらの場合にせよ、目指している状態は一緒です。

読者にとって役立つ内容を記事に載せて、かつGoogleにとって記事の質を評価しやすい体裁になるように配慮することで、検索結果で上位に表示されるようにする・・・・・・それがSEO対策ですね。

 

この記事では、検索キーワードの表記ゆれを考慮して、なるべく「SEO対策」という表記で統一します。

 

 

 

WebライターがSEO対策を学ぶべき理由

 

すでに察しているでしょうが、WebライターがSEOを学ぶべき理由とは、あなたが作成した記事がGoogleの検索結果で上位表示されやすくなるからです。

 

Webライターに対して、クライアントが外注費用を払ってまで記事作成を依頼する理由は、「将来的には、外注費用以上の利益を記事が生み出すから」です。

あなたが書いた記事がGoogleの検索結果で上位表示されれば、検索エンジン経由で、多くのWebユーザーがサイトに訪れます。

サイトの各所には、Googleアドセンスやアフィリエイト案件の広告が掲載されています。もしくは、サイト運営者が独自に開発したサービスの宣伝も載せられています。

サイト広告

 

 

サイトの訪問者が増えれば増えるほど、広告収益やサービス販売によって、多額の利益を得ることができます。

そのためには、まずはサイトに「Googleの検索結果で上位表示されるような記事」を大量に投稿しておく必要があります。

それなので、クライアントは、SEO対策を施した記事を作成するように、Webライターに対して指示するわけです。

SEIO

 

 

Googleの検索結果の上位表示とは、具体的に何位を目指せばいいの?

 

一言で上位表示といっても、具体的な順位までは明確に定まっていません。

しかし、どんなに順位が低くても、検索順位の10位内(検索結果の1ページ以内)に収まっている必要があります。

 

個人的には、検索順位の5位以内に収まっていなければ、上位表示できたと言ってもいいのではないかと考えています。目指すなら、3位以内ですね。

 

参考資料として、2017年にInternet Marketing Ninjasが発表した「Googleの検索順位ごとのクリック率の統計データグラフ」と紹介します。

データグラフの各順位のクリック率を見れば分かる通り、せめて5位以内に入っていないと、上位表示と呼べないのではないでしょうか。

Googleの検索順位ごとのクリック率の統計データグラフ

【分析条件】

  • 分析期間:3か月間
  • 分析対象の検索キーワード:2万件(B2CやB2Bを区別せず)
  • 分析対象:「6400万回以上の表示」と「400万回以上のクリック」

【分析結果】

  • 1位のクリック率・・・・・・21.12%
  • 2位のクリック率・・・・・・10.65%
  • 3位のクリック率・・・・・・7.57%
  • 4位のクリック率・・・・・・4.66%
  • 5位のクリック率・・・・・・3.42%

※ 6位~10位までのクリック率は、2%半ば~1%後半を推移

Goggleの検索順位ごとのクリック率分析

 

 

 

どんな記事を書けばSEO的に高評価されるのか

 

記事作成におけるSEOの重要性が分かったところで、「どんな記事を書いていけば、SEO的に高評価(上位表示)されるのか」について、説明します。

 

Googleの検索エンジンに高評価される記事とは、一言で表すなら「あらゆる面で読者の利便性を追求した記事」ですね。

 

Googleの検索エンジンは、数多くの要素を使って、記事の評価づけをおこなっています。Googleの公式サイトでは、200以上の要素を使っていると記載されています。

それほど多くの評価項目を使って、「この記事は、読者にとって、どれくらい役に立つのか」を推し量ってるわけです。

Google では、200 以上の要素と、PageRank™ アルゴリズムをはじめとするさまざまな技術を使用して、各ウェブページの重要性を評価しています。

引用元:Googleについて|10の事実

 

 

なぜ、Gogoleは読者の利便性を追求するのか

 

Googleが徹底して読者の利便性を追求する陰には、Googleが掲げている企業理念が存在します。

記事が長くなるので、Googleの企業理念の詳しい説明は、この場では割愛しますね。

 

重要なことは、「GoogleはWebサイトに表示される広告収入で利益を得ており、Google検索エンジンを利用するユーザーが多ければ多いほど、Googleは莫大な利益を得られる」ということです。

 

もしも、Google検索エンジンが役に立たない記事を検索結果の上位に表示していたら、あなたはどう思いますか? 目当ての情報が見つかりづらくて、Google検索エンジンを使いたくなくなるでしょう。

Google検索エンジンを使う人が少なかったら、Googleは広告収入を得られなくなり、企業として立ち行かなくなってしまいます。だから、Googleは、読者の利便性を追求しています。

さまざまな要素に基づいて、読者に役立つ記事を精確に評価してランキング化することで、世界で最も使われている検索エンジンの地位に登りつめました。

 

Googleの検索エンジンから高評価されたいのであれば、あらゆる面において、読者の利便性を追求しましょう。

それが、SEO対策の本質です。

パソコンを操作する男性

 

 

 

Webライター初心者に必要なSEO対策の知識・テクニック

 

それでは、Webライター初心者にとって必要なSEO対策について、具体的な知識・テクニックを紹介していきます。

 

記事づくりの各段階ごとに、おこなうべきSEO対策が変わってきます。

そこで、記事を構成する要素ごとに見出しを分けて、個別に詳しく解説します。

 

今回は、記事づくりの具体例として、私がブログに投稿したWebライターの文字単価の相場&文字単価を上げる5つの交渉ポイントの制作方法を紹介します。

ノートパソコンと貯金箱

Webライターの文字単価の相場&文字単価を上げる5つの交渉ポイント

2019年5月8日

 

 

SEO対策ステップ1:キーワードのリサーチ方法

 

クライアントから記事作成を依頼される時に、記事においてSEO対策したいキーワードを伝えられるでしょう。

対策キーワードは、検索結果で上位表示させたい検索キーワードであり、記事構成の要になるものです。

SEO対策キーワード

 

 

クライアントから対策キーワードを伝えられたら、まずはサジェストキーワード・関連キーワードを調べていきます。

サジェストキーワードと関連キーワードとは

サジェストキーワードとは、検索窓に何かしらのキーワードを打ち込んだ時、変換候補として提案される「一般ユーザーから検索されている検索キーワード」のことです。

サジェストキーワード例

関連キーワードとは、入力された検索キーワードについて、似たような目的で使われている別の検索キーワードのことです。

関連キーワード

 

 

サジェストキーワードを調べる方法としては、無料ツールのgoodkeywordを使うことをオススメします。

goodkeywords

 

 

入力欄にキーワードを打ち込んで検索することで、サジェストキーワードを一括表示してくれます。

goodkeywords検索例

 

 

関連キーワードを調べる方法としては、関連キーワード取得ツール(仮名・β版)を使うことをオススメします。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

 

 

入力欄にキーワードを打ち込んで検索することで、キーワードの語尾に「ひらがな50音」と「アルファベット26文字」の各1文字をつけた関連キーワードを一括で取得してくれます。

関連キーワード取得例

 

 

 

SEO対策ステップ1の具体例

 

【Webライターの文字単価の相場&文字単価を上げる5つの交渉ポイント】であれば、SEO対策キーワードは「文字単価 上げる」でした。

 

Webライターとして ある程度の活動を続けた人であれば、やがて次のような疑問を抱くようになるでしょう。

Webライター初心者
記事の作成に慣れてきたけれど、どうしても報酬が頭打ちになっちゃう・・・・・・。

使える時間は限られているし、これからは文字単価を上げてもらわないと、もう報酬を増やせないかも。

 

 

そこで、Webライターの文字単価を上げる方法をまとめた記事を作ろうと思い立ちました。

 

ひとまず、SEO対策キーワードを「文字単価 上げる」と仮定して、サジェストキーワードや関連キーワードを調べてみました。

 

サジェストキーワードについては、「文字単価 上げる」では見つかりませんでした。

そこで、いったん「文字単価」だけにして、goodkeywordで調べてみました。

すると、「相場」というキーワードを皮切りにして、具体的な文字単価や「安い」というキーワードが使われていることが分かりました。

goodkeywords検索例

 

 

次に関連キーワードを調べたところ、次のようなキーワード群が表示されました。

文字単価-上げるの関連キーワード

 

 

サジェストキーワードと関連キーワードの内容から、次のことが推測できました。

調査した検索キーワードから推測できること
  • 「相場」や「具体的な文字単価」が調べられているから、Webライターの文字単価の相場に加えて、文字単価ごとの依頼内容の違いも知りたいのだろう。
  • 関連キーワードに「ランサーズ」とあったから、クラウドソーシングサイトの利用を前提にした方がいいな。
  • 「交渉」というキーワードが入っているから、文字単価を引き上げるための具体的な交渉手順や注意点を知りたいのだろう。

 

 

 

SEO対策ステップ2:上位表示されているサイト記事の調査

 

SEO対策キーワードについてのサジェストキーワードと関連キーワードが分かったら、今度は「検索キーワードの検索結果で上位表示されているサイト記事」の内容を調査します。

 

検索結果で上位表示されているサイト記事は、Google検索エンジンから「このサイト記事は、検索ユーザーが求めている情報を記載していて、かつ利便性も高い!」と評価されているものばかりです。

つまり、上位表示されているサイト記事の内容を調査することで、検索ユーザーが求めている情報を効率よく調べられます。

 

調査対象のサイト記事は、検索結果の10位内(はじめの1ページ)のみで充分です。

通常のブラウザでは、あなたの過去の検索履歴などにもとづいて、本来の検索結果と微妙に変わってしまうことが予想されます(Googleがパーソナライズド検索を導入しているので)。

それなので、シークレットブラウザを利用して、上位表示されているサイト記事を調査することをオススメします。

虫眼鏡

 

 

SEO対策ステップ2の具体例

 

検索ユーザーの求めている情報を把握するために、まずはビッグキーワードである「文字単価」のみで、検索結果を確認しました。

順位が1位の記事から順に見ていくと、「Webライターの文字単価の相場」や「文字単価ごとの仕事内容」、さらに「文字単価を上げるための方法」が求められていることが分かりました。

検索キーワード「文字単価」

 

 

今度は、SEO対策キーワードの「文字単価 上げる」についての検索結果を確認しました。

すると、当たり前ですが、「文字単価を上げるための具体的な方法」を紹介しているサイト記事が上位表示されていました。

しかし、上位表示されているサイト記事の中には、「文字単価の相場」について触れているものもありました。

検索キーワード「文字単価 上げる」

 

 

その他の検索キーワードについても、検索結果で上位表示されているサイト記事の内容を調査していきました。

その結果、次のことが分かりました。

上位表示されているサイト記事を調査して分かったこと

Webライティング案件の文字単価の上げ方を知りたがっている検索ユーザーは、「文字単価の適切な相場」と「文字単価ごとの具体的な仕事内容と難易度」についても、把握したがっている。

おそらく、検索ユーザーは、現状の文字単価に不満を持っていて、「自分が安い報酬額でコキ使われているのではないか」という疑いを持っている。

そこで、まずは文字単価の適切な相場を把握することで、自分の文字単価が安い部類なのかどうか、判断したがっている。

自分の文字単価が相場よりも安かった場合・・・・・・もしくは より高い文字単価を望む場合は、クライアントに対して、どのような方法で交渉を持ちかければいいのか知りたがっている。

また、これから文字単価の高いWebライティング案件に臨んでいくのであれば、どんな仕事内容であり、いかなるWebライティングスキルが求められるのかについても、確認したいようだ。

 

 

 

SEO対策ステップ3:記事の想定読者像を固める

 

SEO対策キーワードについて、検索ユーザーが知りたがっている情報を大まかにつかめたら、「あなたが作る記事の想定読者像」を固めていきます。

 

想定読者像を具体的に固めていくほど、その読者にとって、より的確で無駄のない情報を伝えやすくなります。

 

たとえば、化粧の仕方を知りたがっている10代半ばの女性を狙って、記事を書いていくとしましょう。

一口に化粧の仕方といっても、可愛い系・美人系の2種類に大別できます。

また、しっかりと化粧するか、薄めに化粧するか(いわゆるナチュラルメイク)によっても、紹介すべき化粧方法や化粧道具が変わってきます

makeup-toos

 

 

つまり、想定読者を絞るほど・・・・・・言い換えれば、狙う想定読者像を具体的に固めるほど、想定読者が求めている情報を推測しやすくなります。

その結果、的確で無駄のない情報を伝える記事が書けるようになります。

target

 

 

 

SEO対策ステップ3の具体例

 

【Webライターの文字単価の相場&文字単価を上げる5つの交渉ポイント】であれば、想定読者像は、クラウドソーシングサイトを利用してWebライティング案件を受注しているWebライター初心者ですね。

性別・年代・職業経験については、今回は不問にしています。

 

Webライターの文字単価の相場について調べているということは、Webライティングの仕事について疎いということです。

クラウドソーシングサイトの名前も一緒に検索されていたことから、「クラウドソーシングサイトでWebライティング案件を受注している人が多い」ことも読み取れます。

 

おそらく、副業をやり始めた主婦や大学生が読者として多くなるだろう・・・・・・そんなことを思いました。

それなので、専門用語に説明文をつけたり、なるべくイメージ画像やグラフを多くして視覚的に分かりやすくしたりすることを心がけました。

 

 

 

SEO対策ステップ4:各種の検索キーワードを盛りこみつつ、記事タイトルと見出しを仮決定する

 

情報の下調べや想定読者像を固めたところで、ようやく記事につけるタイトルや見出しを設置していきます。

あくまでも仮の決定なので、ざっくりとしたタイトルと見出しで構いません。

 

記事タイトルも見出しもSEO対策において特に重要であるため、いったん記事を書き上げた後に、あらためて決め直すことを強くオススメします。

 

どんな記事タイトルと見出しをつければいいかについては、以下に挙げるコツを意識してください。

記事の見出しをつけるコツ
  • 記事タイトルには、SEO対策キーワードを必ず入れる。余裕があれば、サジェストキーワードや関連キーワードも含めてよい。
  • 記事タイトルでキャッチーな文章を書いた場合は、なるべく早い段階で回答する。
  • 見出しには、各種の検索キーワードを盛りこみつつ、漏れなくダブりなくを心がける。

 

 

SEO対策ステップ4の具体例

 

【Webライターの文字単価の相場&文字単価を上げる5つの交渉ポイント】では、仮の記事タイトルは、次のものにしました。

仮の記事タイトル

Webライター・・・初心者向け・・・文字単価の相場・・・文字単価を上げる・・・交渉・・・

 

 

まずは、SEO対策したい重要なキーワードだけを並べました。

Webライター初心者向けの記事なので、「Webライター」と「初心者向け」を入れました。

その次に、文字単価についての重要なキーワードである「文字単価 相場」と「文字単価 上げ方」と「文字単価 交渉」が含まれるようにしました。

 

キーワードの間に三点リーダ「・・・」が入っていますが、これは一時的な つなぎです。

記事本文を執筆し終わった後、記事全体を読み直して、適当な言葉で埋めるつもりでした。

 

 

記事の見出しについては、SEO対策キーワード・サジェストキーワード・関連キーワードを元にして、「Webライターの文字単価を上げる情報を求めている人が知りたそうな情報」をひと通り網羅できる構成を考えます。

記事を上から下に読み進めることによって、読者の理解が論理的に深まる構成になっているかどうかについても、配慮してください。

 

私の場合であれば、次のような見出し構成にしました。

見出しの数と種類は、あくまでも仮のものです。記事の本文を執筆していく過程で、他にも必要な見出しが思いついたら、どんどん書き足していきます。

仮の見出し構成
  1. Webライターの報酬の計算方法(文字単価と記事単価の場合)
  2. それぞれの文字単価ごとの仕事内容・求められるライティングスキル・クライアントの種類
  3. 文字単価の引き上げ交渉をおこなうべきタイミング
  4. 文字単価を上げるための交渉テクニック
  5. 文字単価の高い案件を受注するための方法

 

 

 

SEO対策ステップ5:見出しごとに記事本文の執筆

 

記事本文の書き方について、SEO対策において重要な点は、以下の6つです。

SEO対策を重視した記事本文の書き方
  1. SEO対策したいキーワードを意識的に文中に混ぜる。
  2. SEO対策したいキーワードについて、共起語も意識して使う。
  3. 何か主張する時は、必ず理由も添える。客観的な証拠となる調査記録や統計データなどがあれば、出典も明記する。
  4. 適度にイメージ画像を使うことで、文章の趣旨を視覚的に分かりやすくする。自作の概念図をつけてもよい。
  5. なるべく一文を短くしたり、常用漢字を使ったりして、読者が読みやすい文章を心がける。
  6. 適度に行間を空けて、文章の趣旨や段落の変わり目が分かりやすくする。

 

 

記事本文の執筆方法を細かく説明していくと、それだけで個別に記事1ページが作れてしまいます。

詳細な説明は別の機会に譲るとして、今回は具体例の解説の方に力を入れることにします。

 

 

SEO対策ステップ5の具体例

 

先ほども一覧表を見せた通り、SEO対策を重視した記事本文を書く時は、さまざまなことに気をつける必要があります。

 

最もSEO対策らしい要素は、記事本文でSEO対策したいキーワードを頻繁に使うことです。

 

Google検索エンジンが記事の内容を評価する時、「記事にどんなキーワードが多用されているか」を注意していると言われています。

特定のキーワードが多用されていれば、「そのキーワードについて詳しく書かれた記事」と判断できるからです。

キーワード使用量の適切な目安としては、以下の出現率が提唱されています。

SEO対策したキーワードの適切な出現率
  • 最もSEO対策したいキーワード出現率:5~7%
  • 2番目にSEO対策したいキーワード出現率:4~5%
  • 3番目にSEO対策したいキーワード出現率:3~4%

キーワード出現率(%) = キーワード出現数 × キーワード文字数 × 100 ÷ 記事の全文字数


適切な範囲を超えたキーワード出現率は、Googleから不自然な行為と見なされて、ペナルティを受ける危険性が高くなるそうです。

SEO対策キーワードの適正出現率

(出典元) 鈴木良治 SEO対策のためのWebライティング実践講座 P99 技術評論社 2016年5月25日 初版 第3刷発行

 

 

【Webライターの文字単価の相場&文字単価を上げる5つの交渉ポイント】についてのキーワード出現数を見てみましょう。

この記事では、SEO対策したいキーワードは、「Webライター」「文字単価」「交渉」となります。

現時点の最終更新日は2019年5月8日であり、記事の全文字数は20400文字です。

 

キーワード出現率を調べてみたところ、次のようになりました。

適切なキーワード出現率と比べると、「Webライター」と「文字単価」は、ちょっと少なめですね。

キーワード出現率の具体例
  • 「Webライター」:キーワード出現率は4.32%
    • 使用回数は126回
  • 「文字単価」:キーワード出現率は2.86%
    • 使用回数は146回
  • 「交渉」:キーワード出現率は 0.5%
    • 使用回数は51回

 

 

また、SEO対策したいキーワードに関する共起語を積極的に使うことも、SEO対策に重要と考えられています。

共起語とは

共起語とは、指定のキーワードについて、文章またはページ内で一緒に使われることの多いキーワードのことです。

共起語の例

 

 

たとえば、キーワード「文字単価」であれば、一緒に「Webライター」や「相場」や「ライティングスキル」といったキーワードも多用した方がいいというわけですね。

すると、Google検索エンジンは、次のように判断すると考えられています。。

Google検索エンジン

おや? 「Webライター」や「相場」といったキーワードも多く使われているぞ。

この記事は、Webライターの文字単価の相場について、詳しい情報が載っている可能性が高そうだ。

Webライターの文字単価の相場を知りたがっている検索ユーザーがいたら、この記事が検索結果の上位に表示されるようにしておこう。

 

 

SEO対策において、記事に記載されている情報の信憑性も重要です。

もしも全く信憑性の無い情報が載せられた記事が上位表示されてしまったら、検索エンジンとしてのGoogleの評価は落ちてしまいます。

それなので、Googleは、記事の情報の信憑性についても重視していると考えられています。

 

情報の信憑性を高めるためには、何か主張した時に、その主張の理由を添え書きしましょう。

【Webライターの文字単価の相場&文字単価を上げる5つ交渉ポイント】では、心理学に基づいた交渉テクニックを紹介する時に、根拠となっている実験内容と実験結果も載せています。

大学のような専門機関がサンプル数の多い実験に基づいて導いた結論は、きわめて信憑性の高い情報となりえます。

理由付けの実験内容と実験結果 プロスペクト理論の紹介

 

 

文章作法としてのSEO対策であれば、なるべく一文を簡潔に書き表したり、常用漢字を使ったり、適度に行間を空けたりすることですね。

SEO対策とは「読者にとって利便性に優れた記事に仕上げること」なので、読者が読みやすい文章を書くこともまた、立派なSEO対策です。

 

読みやすい文章の書き方については、小説・ラノベの書き方の基本|初心者も安心!文章作法をゼロから攻略を参考にしてください。

もともとは小説の執筆者向けに書いた記事ですが、「読者にとって読みやすい文章の書き方」という意味については、記事の書き方に通じることばかりです。

小説・ラノベの書き方の基本|初心者も安心!文章作法をゼロから攻略

2018年9月9日

 

 

 

SEO対策ステップ6:記事の画像タイトルや代替テキストの記入

 

クライアントから記事作成を依頼された時に、記事に使う画像に、画像タイトルと代替テキストを記入するように指示されるでしょう。

画像に記入する情報についても、SEO対策としての効果があると考えられています。

 

記事に載せる画像には、主に次の4つの情報を記入できます。

記事の画像に記入する4つの情報
  • 代替テキスト:何かしらの原因よって画像が表示されなかった場合に、代わりに表示される文章です。どのような画像であるか説明する文章を記入するといいでしょう。
  • タイトル:画像につけられる表向きのタイトルです。記事の一部として扱われるので、画像の情報を正確に言い表したタイトルをつけた方がいいでしょう。
  • キャプション:画像の枠外の下に、字幕として表示される文章です。撮影地や撮影時期など、画像を見ただけでは分からない情報などを追記する時に使います。
  • 説明:サイトの運営者にしか見えないメモ書きです。あとで画像検索する場合を考慮して、画像を象徴するキーワードを書き並べるなど、使い道は自由です。

記事に記入する情報

 

 

SEO対策としては、画像タイトルと代替テキストを記入するのみで大丈夫です。

画像のキャプションをつけるか否かは、クライアントの方針によります。

 

画像タイトルには、画像を象徴する英語または日本語を記載します。

どちらの言語を使うかは、クライアントによって方針が異なります。ライティングマニュアルで記載方法が指示されているなら、そちらに従ってください。

 

代替テキストについては、日本語で記載します。

画像が表示されなかった場合に、代わりに表示される文章になるので、なるべく画像の内容が分かるように、詳しい説明を記入してください。

 

 

 

SEO対策ステップ7:記事タイトルの本決定

 

記事の本文がひと通り書き終わったところで、あらためてSEO対策を意識した記事タイトルを決定します。

 

記事タイトルの決め方についてですが、次の4つに注意してください。

記事タイトルのSEO対策
  • 記事タイトルの文字数を35文字以内に収める。英数字の部分は、全角表記なら1つ1文字、半角表記なら1つ0.5文字として数える。
  • 重要なキーワードは、なるべきタイトルの左端(最初の方)に寄せる。
  • キーワードの並び順は、「検索キーワードの並び順」に合わせる。また、それぞれのキーワードをなるべく隣接させる。
  • 記事タイトルを見た検索ユーザーが思わずクリックしたくなるような言い回しを使う。

 

 

SEO対策ステップ7の具体例

 

記事タイトルの本決定については、細かな説明になると思われます。

そこで、いくつかの小見出しを設けて、個別に説明していきます。

 

 

記事タイトルの文字数について

 

まずは、記事タイトルを35文字以内に収めるべき理由について解説します。

 

Googleの検索結果では、記事タイトルとして表示される文字数に制限があります。

長すぎるタイトルについては、途中から三点リーダ「・・・」で省略表記されます。

長すぎる記事タイトルの例

 

 

何文字まで表示されるかについては、検索順位や閲覧端末、その時の検索エンジン仕様などによって異なります。

正直なところ「記事タイトルは●●文字まで確実に表示される!」と断言できません。

 

これまでの傾向から目安を提案するなら、記事タイトルは35文字以内に収めましょう。

より確実性を優先するなら、記事タイトルは30文字以内に収めることをオススメします。

 

【Webライターの文字単価の相場&文字単価を上げる5つの交渉ポイント】であれば、記事タイトルの文字数は、合計31文字(全角29文字・半角4文字)です。

 

たとえば、こちらはデスクトップ端末(ノートパソコン)から見た場合の検索結果の表示です。

最後の三点リーダ「…」はブログ名の省略なので、きちんと記事タイトルの全文が表示されていますね。

 

 

こちらは、スマホ端末から見た場合の検索結果の表示です。

記事タイトルが全表示されていますね。

スマホ端末の検索結果の表示

 

 

記事タイトルのキーワードの並び順と隣接度

 

記事タイトルにSEO対策したいキーワードを入れる時は、なるべく左端(最初の方)に寄せることを意識してください。

また、SEO対策したいキーワードの並べ方は、実際の検索キーワードの並び順に合わせて、なるべく隣接させてください。

 

Google検索エンジンは、記事タイトルの左端にあるキーワードを重視する傾向があります。

「英語は結論を先に書くから、その名残だ」や「文章は左から右に向かって読むから、先に読まれる左端が評価されやすい」など、理由は諸説あります。

とにかく、記事タイトルの左端にあるキーワードが重視されることは、間違いありません。

 

また、Google検索エンジンは、記事タイトルのキーワードの並び順と隣接度も重視する傾向にあります。

記事タイトルの内容が「検索キーワードの並び順」と違っていたり、それぞれのキーワードが遠くなったりすると、高評価されにくくなります。

機械的な処理によって記事の内容を評価しているため、人間ほど融通が利かないところがあるのでしょう。

 

 

分かりやすい例として、私のブログの中から、検索キーワード「ココナラ 占い 稼ぐ」で検索順位の1位を取っている記事を紹介します。

SEO対策したかったキーワードは、もちろん「ココナラ 占い 稼ぐ」です。

検索キーワード「ココナラ 占い 稼ぐ」

 

 

この記事を投稿した当初は、タイトルは「ココナラの占い・ヒーリング・カウンセリングで稼ぐ・・・・・・」という感じの内容でした。

検索キーワードの「ココナラ ヒーリング 稼ぐ」や「ココナラ カウンセリング 稼ぐ」でも上位表示したかったので、欲張ってキーワードを盛りこんでいました。

記事の質は良かったのですが、記事の投稿から数ヶ月間は、検索結果の1ページ以内に入れない状態でした。

 

そこで、記事タイトルを書き換えを試しました。

「ココナラ」と「占い」と「稼ぐ」の各キーワードを左端に寄せて、各キーワードの隣接度を上げつつ、「検索キーワードの並び順」を守りました。その結果、検索順位が劇的に跳ね上がりました。

どれだけ記事の質がよくても、記事タイトルが悪いと、それだけで検索順位で低迷してしまう好例ですね。

ココナラ 占い 稼ぐ」の検索順位の推移

 

 

検索ユーザーがクリックしたくなるような言い回しを使う

 

思わずクリックしたくなるようなキャッチーな記事タイトルをつけることもまた、SEO対策として効果があると言われています。

クリックされやすくなるというメリットもありますが、SNSによる情報拡散も期待できるからです。

真面目で地味なタイトルよりも、どこか特徴的で面白い記事タイトルの方が拡散されやすいことは、容易に想像できるでしょう。

 

検索ユーザーからクリックされやすい記事タイトルの特徴は、以下の通りです。

あなたが記事タイトルを考える時に、参考にしてください。

クリックされやすい記事タイトルの特徴
  • 記事を読むメリットが明確である
    • 上司から好かれる・友達ができる・頭が良くなる
  • 具体的な数字が使われている
    • 例:3つの方法・7つの習慣・おすすめの●●●10選
  • 時間・努力・お金が少なくすむ
    • 例:たった30分・1週間に1回・無料・90%OFF
  • 欲望を満足できる
    • 例:女性からモテモテ・食べ放題・肌が綺麗になる
  • 快適さが増す
    • 例:快眠できる・ストレスが減る・不労所得
  • 新奇の情報である
    • 新着・最新・速報・驚愕・奇想天外
  • 反社会的な情報である
    • 事件・事故・薬物・逮捕・殺人・障害・死亡

 

 

 

SEO対策ステップ8:記事の見出しの本決定

 

記事タイトルの次は、見出しの文章も本決定していきます。

 

見出しの文章については、SEO対策したいキーワード・サジェストキーワード・関連キーワードが含まれるように書きましょう。

記事タイトルのように、キャッチーな言い回しを使う必要はありません。

文章として読みやすく、どんな本文が書かれているのか読者が予想できるように配慮してください。

 

 

SEO対策ステップ8の具体例

 

【Webライターの文字単価の相場&文字単価を上げる5つ交渉ポイント】 では、次のように見出しを決めました。

しっかりとキーワードを含めつつ、どんな本文が書かれているのか分かるように、簡潔に文章をまとめています。

記事の見出しの付け方 具体例

 

 

 

SEO対策ステップ9:メタディスクリプションの設定

 

クライアントによっては、メタディスクリプション(meta description)の設定を指示されることもあるでしょう。

メタディスクリプションとは

検索結果の記事タイトルの下に表示されるWebページの概要(スニペット)に記載する文章のことです。

スニペットとメタディスクリプションは、表示される位置が同じであることから、混同されがちです。

メタディスクリプションと呼ばれる場合は、「記事の作成者が意図的につけた文章」という意味合いが強いです。

meta description

 

 

メタディスクリプション自体は、SEO対策において、それほど重視されていません。

ただし、検索結果にて記事の内容を説明できることから、検索ユーザーのクリック率を左右する要素であることは事実です。

 

記事タイトルと同様に、メタディスクリプションにも、表示される文字数に限界が設けられています。

文字数の限界についても、閲覧端末やGoogleの仕様変更によって変動します。変動を考慮して、重要な文章ほど、なるべく最初に書くことをオススメします。

 

文字数の目安としては、120文字以内に収めることを目指してください。

より確実性を優先するなら、100文字以内を目指しましょう。

 

メタディスクリプションの書き方ですが、以下の3手順に沿って文章を練れば、検索ユーザーからクリックされやすくなります。

メタディスクリプションの書き方
  1. 記事タイトルの情報を補足する。
  2. 記事の売りとなる情報を簡潔に書き表す。
  3. 記事を読むことによって得られるメリットを明記する。

 

 

記事のディスクリプションの書き方&適切な文字数については、こちらの記事に詳しくまとめています。参考にしてください。

説明する女性

Webライター初心者向けのディスクリプションの書き方&適切な文字数

2019年5月15日

 

 

 

まとめ

 

この記事の内容のまとめです。

まとめ
  • SEO対策とは「読者とGoogleにとって、分かりやすくて役立つ記事を書くための配慮」
  • 読者にとって利便性の高い記事ほど、検索結果で上位表示されやすくなる。
  • SEO対策キーワードに基づいて、サジェストキーワードと関連キーワードを徹底的に調べ上げるべし。検索キーワードを分析することで、想定する読者像を固めたり、読者にとって役立つ記事の構成を想像しやすくなる。
  • 検索結果で上位表示されているサイト記事の内容を調査することで、検索ユーザーが求めている情報を効率よく調査できる。
  • 見出しの構成については、検索ユーザーが求めている情報を網羅することを心がける。
  • 記事の本文を執筆する時は、次のことを重視する。
    • SEO対策したいキーワードを多用する。
    • SEO対策したいキーワードについて、共起語も使う。
    • 何か主張する時は、必ず理由も添える。調査記録や統計データなどがあれば、出典も明記する。
    • イメージ画像を使ったり、概念図を掲載したりすることで、文章の趣旨を視覚的に分かりやすくする。
    • 一文を短くしたり、常用漢字を使ったり、適度に行間を空けたりして、読者にとって読みやすい文章を書くことを心がける。
  • 記事タイトルを本決定する時は、次のことを重視する。
    • 記事タイトルの文字数を35文字以内に収める
    • 重要なキーワードは、なるべきタイトルの左端(最初の方)に寄せる。
    • キーワードの並び順は、「検索キーワードの並び順」に合わせる。
    • それぞれのキーワードは、なるべく隣接させる。
    • キャッチーな言い回しを使う。

 

co-eyec-hatch


あなたは、「これ」を知らないままで、ずっと損していませんでしたか?

在宅Webライターよりも短時間で手軽に稼げて、いちいちクライアントに応募メッセージを書いて送る必要もなく、他のWebライターと案件を奪い合うことも無し。

マニュアル通りにポチるだけなのに、どこにでもいる主婦や大学生でも『初月から10万円以上』を稼げてしまう、たった1つの方法。


 

在宅Webライターって、正直なところ『作業時間が多い割には稼げない』と思いませんか?

 

クラウドワークスやランサーズなどでWebライティング案件を探してみても、『報酬額の安い』依頼内容ばっかり。

 

アンケート回答や感想・体験談を投稿するタスクを頑張っても、せいぜい月5000円に届くかどうか。高校生のお小遣い並です。

 

記事作成についても、文字単価0.5円以下の激安な案件が大半。高い方でも、文字単価1円前後です。

1記事を納品するまでの時間をはかったら、なんと『時給500円以下』で働いていた・・・・・・ということが頻繁に起こります。

 

私も実際に在宅Webライターをやってみて、はじめて「在宅Webライターの副業って、こんなにも稼げないのか!?」と驚きました。

 

在宅Webライターで稼ごうとするよりも、私がオススメしている●●●に取り組んだ方が、簡単・確実に稼げます。

 

在宅Webライターで稼ぐ時と違って、●●●は、SEOのような専門的な知識・技術は必要ありません。

中学生でも出来る作業を実践することで、確実に報酬を積み重ねられます。

毎日コツコツと取り組めば、ひと月に10万円以上を稼ぐことも可能です。

 

●●●の具体的な方法は、ショウヘイの無料メール講座で伝えています。

※今だけ特別に、5万円相当のビジネス動画集(合計100本以上)もプレゼント中。

↓ ↓ ↓