パソコン1台で月30万円を稼ぎ、会社に人生を搾取されず、好き時・好きな場所で創作活動を楽しむ方法

工学的ストーリー創作入門【感想・レビュー】|売れる物語は、天才でなくても作れる

工学的ストーリー創作入門

 

どうも、ノマドクリエイターのショウヘイ(@shohei_crattor)です。

 

今回の書評で紹介する創作資料は、ラリー・ブルックス著の【工学的ストーリー創作入門  売れる物語を書くために必要な6つの要素】です。

 

本編の内容は、売れる物語を作るための6つの要素として『コンセプト・登場人物・テーマ・ストーリー構成・シーン展開・文体』を取り上げて、それぞれについて深く解説するという体裁になっています。

 

著者のラリー・ブルックスについて

心理スリラー小説『Darkness Bound』『Pressure Points』『Serpent’s Dance』を代表作とするベストセラー作家。その経験を活かして、物語創作インストラクターやフリーランス編集者としても活躍している。

 

目次

 

本編の内容を大まかに知ってもらうために、目次の記載を引用しました。

イントロダクション

第1章 六つのコア要素とは何か……なぜ大切か?
1 ストーリーのモデルの力を知ろう
2 「六つのコア要素」の全景を眺めよう
3 「六つのコア要素」の中身を知ろう
4 ストーリー作りを始めよう

第2章 コア要素 その1 コンセプト
5 コンセプトの定義を知ろう
6 コンセプトの評価基準
7 コンセプトのよさを確認しよう

第3章 コア要素 その2 登場人物
8 人物の本質を見てみよう
9 人物を三つの次元で捉えよう
10 人物の仮面をはずそう
11 人物の人間性を理解しよう
12 バックストーリーを作ろう
13 心の中にも葛藤を作ろう
14 人物のアークを作ろう
15 人物をパーツに分けて考えよう

第4章 コア要素 その3 テーマ
16 テーマを決めよう
17 テーマに沿って書こう
18 テーマと人物のアークの関係を知ろう

第5章 コア要素 その4 ストーリーの構成
19 構成の必要性を知ろう
20 ストーリーの構成VSストーリーの構造
21 構成の全体像を理解しよう
22 箱1 パート1――設定
23 箱2 パート2――反応
24 箱3 パート3――攻撃
25箱 4 パート4――解決
26 転換点の役割を知ろう
27 出版できる原稿を書くために:ストーリーで最も大切な側面
28 パート1「設定」の五つのミッション
29 伏線を掘り下げよう
30 ストーリーで最も重要な瞬間:プロットポイント1
31 穏やかなプロットポイント1
32 構成のグレーゾーンを見てみよう
33 パート2「反応」を広く理解しよう
34 ミッドポイントを理解しよう
35 パート3で「攻撃」を始めよう
36 ピンチポイント
37 プロットポイント2を設けよう
38 最終幕
39 紙一枚に収まるたった一つの最強のツール
40 ストーリー作りで最も大切な六つの言葉
41 アウトラインを作るかどうか

第6章 コア要素 その5 シーンの展開
42 シーンとは結局何なのか
43 シーンの機能を知ろう
44 シーンのためのチェックリスト

第7章 コア要素 その6 文体
45 自分の声を見つけよう
46 僕が知る最高のたとえ
47 文体についてさらに言おう

第8章
ストーリー作りのプロセス
48 書けるようになろう
49 パンツァーのための計画ガイド
50 「いかに書くか」から「なぜ書くか」へ

 

【出典元】

著者:ラリー・ブルックス 訳者:シカ・マッケンジー 表題:工学的ストーリー創作入門 売れる物語を書くために必要な6つの要素 出版:フィルムアート社 出版年月日:2018年9月10日 第2刷

 

 

 

本編の内容

 

ネタバレにならない程度に、本編の内容を段階的に紹介していきますね。

 


 

【第1章 六つのコア要素とは何か……なぜ大切か?】

 

物語を構成する本質には、6つのコア要素が存在していることを示唆しています。

6つのコア要素は、多くのベストセラー作品に共通しているものです。著者は「このコア要素に従って物語を書けば、作品はつまらなくならないし、質が落ちることもない」という旨のことを書いています。

6つのコア要素は『コンセプト・登場人物・テーマ・ストーリー構成・シーン展開・文体』で成り立っています。互いが互いに作用し合っていて、どれか1つの要素が欠けても駄目です。すべてのコア要素が一定以上の水準を満たしていて、はじめて出版社が望む『商品としての物語』となります。

 


 

【第2幕 コア要素 その1 コンセプト】

 

第2幕は、1つ目のコア要素『コンセプト』について解説しています。

本書では、コンセプトを「問いを投げかけるもの」と表現しています。物語の本編は、その問いに対する答えという位置付けです。コンセプトは「もし~~だったら?」という形式で表現できます。

たとえば、『数多くのモンスターが生息している世界を舞台にした、人とモンスターの触れ合い物語』という発想は、まだアイデアの域です。ここに『モンスターは専用のボールで捕まえると、簡単に持ち運べる』というアイデアを加えて、さらにドラマ性のある問い掛け形式にします。すると『もしも、専用のボールで捕獲したモンスターを戦わせ合う娯楽が1つの興行になっていて、その選手を育成する機関が各地に点在していたら?』というコンセプトが生まれます。ちなみに、即興で作った具体例の元ネタは、ポケットモンスターです。

コンセプトは、物語を数十文字で表現した要約です。斬新で面白いコンセプトからは、大衆に受けるヒット作が生まれやすくなります。反対に、コンセプトの段階で面白味が無ければ、実際に出来上がる物語は、退屈なものとなります。

 

 

コンセプト作りに関する知識は、小説・ラノベのコンセプトの考え方&作り方という記事にまとめています。

【工学的ストーリー創作入門】以外にも、物語のコンセプトについて解説している創作資料の内容も加えて、記事という形で体系化しました。

小説・ラノベのコンセプトの考え方&作り方|物語コンセプトの重要性

2018年9月29日

 


 

【第3幕 コア要素 その2 登場人物】

 

第3章では、登場人物の設定作りのコツがまとめられています。

本書では『いかにして、現実に生きている人のように、厚みと深みのある人物設定を作るか』を重視しているように感じました。表面的な特徴はもちろん、内面の思考や感情、過去の体験、劣等感と心の闇、世界観、行動動機と目的などについても、個別に解説されています。

人物に深みを持たせるための方法として、3次元の層に分けて設定を組むことがオススメされています。外見的な特徴が含まれる1次元、内面の思考・感情や過去の経験が含まれる2次元、そして人物の本心・本音が含まれる3次元です。3つの次元が合わさって、1人の人物を築き上げていることは、現実世界でも変わりありませんね。

『人物の変化の軌跡(アーク)を描く』という記載については、一読の価値があります。物語において、主人公が積極的に行動する理由は、何かしらの欠落を回復するためです。物語の終盤では、主人公の欠落は回復されます。物語の始まりと終わりで、何かしら主人公は変化するわけです。それを見て、読者は『人間的な成長を遂げることの喜び』というカタルシスを得られます。

 

 

キャラクター作りに関する知識は、小説・ラノベのキャラクター設定の作り方という記事にまとめています。

【工学的ストーリー創作入門】以外にも、キャラクター設定づくりについて解説している創作資料の内容も加えて、記事という形で体系化しました。

キャラクター

小説・ラノベのキャラクターの作り方|キャラ設定シート&アプリも紹介

2018年10月16日

 

キャラクターの中でも、とりわけ重要な主人公については、小説・ラノベの主人公設定の作り方という個別の記事も書きました。

騎士

小説・ラノベの主人公設定の作り方|読者が好む主人公の4つの型とは

2018年12月27日

 


 

【第4章 コア要素 その3 テーマ】

 

第4章では、テーマ作りについて解説されています。

テーマとは、作者が読者に訴えかけたいメッセージのことです。明確な文章として記載されるわけではありませんが、登場人物の言動や物語の展開は、何かしらテーマを反映しているものです。

本書では、テーマの具体例として【ダ・ヴィンチ・コード】が取り上げられています。【ダ・ヴィンチ・コード】は、キリスト教に関する宗教問題と歴史の真相を追う物語です。物語の結論は『キリストは十字架の上で死んでおらず、マグダラのマリアとの間に子を設けた。キリスト教会は、この不都合な事実を隠ぺいしている』です。この結末から逆算すると、物語のテーマは『キリスト教会は、己の利権のために、事実を歪曲している。牧師や教典の言葉を鵜呑みにせず、一人ひとりが事実を見極めて欲しい』という感じでしょう。

社会的に議論を呼ぶテーマは、上手く扱えば大ベストセラーにつながります。特に、宗教問題や差別問題の波及効果は絶大です。本書で紹介している【ダ・ヴィンチ・コード】の成功は、宗教問題がテーマであることが理由の1つでしょう。

 

 

テーマ作りに関する知識は、小説・ラノベのテーマの見つけ方&決め方という記事にまとめています。

【工学的ストーリー創作入門】以外にも、物語のテーマについて解説している創作資料の内容も加えて、記事という形で体系化しました。

メッセージボード

小説・ラノベのテーマの見つけ方&決め方|具体例と着想ネタまとめ

2018年9月28日

 


 

【第5章 コア要素 その4 ストーリーの構成】

 

第5章では、ストーリーの構成……すなわちプロット構成について解説しています。

本書では、三幕構成(四部構成)の利用をオススメしています。具体例に【ダ・ヴィンチ・コード】を持ち出して、いかに【ダ・ヴィンチ・コード】が三幕構成に忠実に従って作られているかについて、事細かく解説されています。

また、プロット構成する上で、登場人物たちの対立構造を作る重要性についても言及しています。登場人物たちの利害の不一致(対立)が無ければ、物語にドラマ性は生まれません。平坦な展開が続いて、読者を退屈させてしまいます。登場人物たちを激しく戦わせて、展開に波を生み出すためには、利害の不一致(対立)が不可欠というわけです。

 

 

プロット作成に関する知識は、小説・ラノベのプロットの書き方という記事にまとめています。

【工学的ストーリー創作入門】以外にも、物語のプロットついて解説している創作資料の内容も加えて、記事という形で体系化しました。

設計図

小説・ラノベのプロットの書き方|役立つテンプレート&アプリも紹介

2018年10月1日

 


 

第6章 コア要素 その5 シーンの展開

 

第6章では、1つ1つの場面が何によって構成されているか、どんな機能を果たすのかについて解説しています。

場面展開について、著者が言いたいことを簡潔に表すなら「無駄な場面を削れ、1つ1つの場面の機能性を高めろ」という感じでしょうか。その場面で読者に何を感じさせたいか、それとなく伏線を張れているか、人物を活き活きと描写できているか、読者の興味を維持できるか、筋書きが脇道にそれていないか……こういったことを突き詰めるわけですね。

 


 

第7章 コア要素 その6 文体

 

第7章では、今までの5つのコア要素を肉付けする文体について解説されています。

5つのコア要素の解説量に比べれば、サラッとした内容ですね。文章作法や執筆技術については、その手の専門書が数多く出版されているので、わざわざ紙幅を使う必要は無いと判断しているようです。

本書が文体について言及していることは『詩人のように、遠回しでゴテゴテに修飾した文を使うな』と『実際の会話は端的な発言が多く、テンポよく展開される』というくらいでしょうか。

 

 

まとめ

 

【工学的ストーリー入門  売れる物語を書くために必要な6つの要素】を読んだ感想としては、実際に買って一読する価値はあると思いました。

 

テーマ・コンセプト・プロットの作り方について、ボンヤリとした知識しか持っていない場合でしたら、本書を読めば、それらが何を意味するのかハッキリと分かるようになります。

人物設定についても同様です。プロットと場面についての解説と併せて読むことで、人物設定を作りこむことの重要性を深く理解できます。目で見て分かりやすい特徴よりも、見た目で分からない過去や価値観という『人物の基盤となるもの』を重視すべきという意見に頷けるようになります。過去の積み重ねがあって、今の人物の表面的な特徴が生まれたのですから。

 

最後に、本著を読んで学べることを箇条書きで掲載しておきますね。

【工学的ストーリー入門  売れる物語を書くために必要な6つの要素】を読んで学べること
  • 物語を構成する6つのコア要素
  • どのように1つ1つのコア要素が作用し合うか
  • コンセプトの定義
  • どんなコンセプトが優れているのかについての評価基準
  • 深みと厚みのある人物設定の作り方
  • 人物の行動動機と目的、欠落と心の闇の重要性
  • テーマの定義
  • テーマ作りが必要とされる理由
  • 三幕構成(四部構成)の詳細な作り方
    • 第1幕
      • フック、プロットポイント1
    • 第2幕
      • ピンチポイント1、プロットポイント2、ピンチポイント2
    • 第3幕
      • プロットポイント3
  • 1つ1つの場面描写で重視すべきこと

 

 

↓ ↓ ↓ 小説執筆のオススメ記事 ↓ ↓ ↓

小説・ラノベの書き方講座|文章作法から物語完成まで徹底攻略 | ノマドクリエイターの執務室

小説・ラノベの執筆に役立つ創作記事をまとめた案内ページです。文章作法に始まり、新規読者を獲得するテクニック、物語の作り方、魅力あるキャラクターの作り方、小説投稿サイトや新人賞の攻略方法を掲載しています。

 

 

パソコン1台だけで
超効率よく月30万円を稼ぎ、

朝から晩まで好きなだけ
自宅やカフェで小説を執筆したり、

気の向いた時に日本各地を
取材旅行して回ったり出来る、

自由すぎる作家生活の創り方を
あなたは知っていますか?

 


 

あなたは、こんな不安を持っていませんか?

「将来は作家になりたいけど、収入面が不安」

「せっかく作家になっても、打ち切りやスランプで稼げなくなったら、どうしよう」

「編集者の命令に従わされて、言われた通りの作品を生産する奴隷作家になりたくない」

 

実は、私も同じような不安を抱いていた1人です。

作家という生き方の危うさが気になり、まっすぐ作家を目指すことを危険に思いました。

そこで、私は『創作活動できる自由時間』と『安定して生活できる収入』を両立する方法を探し始め……2年の時間をかけて、ようやく答えを見つけました。

 


◆ いつでも・どこでもパソコン1台で『月30万円』の収入を稼げる。

◇ 会社の嫌な仕事や面倒な人間関係から解放されて、『たっぷりの自由時間』を確保できる。

◆ 打ち切りやスランプで印税が少なくなっても、生活を安定させられる。

◇ 日本各地を旅して、作家の引き出し(人生経験)を増やせる。

◆ 朝から晩まで、自宅やカフェで創作活動に熱中していられる。


 

そんな自由な作家生活の創り方を【無料メール講座】で伝えています。

※メール講座では、簡単な作業なのに初月10万円を稼げてしまう●●●を こっそりと限定公開。